風月コラム第11回。

今回のテーマは、

「不妊治療を諦める生き方」

をお送りします。

 

スポンサードリンク

不妊に関する鑑定依頼が増えています

 

2656b614ace5a9834faf51e017e4e596 e1385642695460 40歳で不妊治療をやめて子供を諦めるという生き方【風月コラム】

 

占いの相談内容の中で、
ここ最近急増しているのが
不妊に関することです。

 

不妊治療のご相談については、
その深刻度にもよりますが、
専門家の協力が必要になります。

 

チーム風月とつながりがある
産婦人科医やカウンセラーを
交えて対策を考えています。

 

「占い師がそこまでやるの?」
という質問をよく受けますが、
私たちは当然サポートします。

 

占いは当たりはずれで
終わりではないというのが、
私が30年間継続している考えです。

 

私たちの占いの力を使いつつ、
相談者と一緒になって
悩み事の解決策を考えていく。

 

占いがスタートという考え方。
それが私たちのスタイルであり、
チーム風月の方針です。

 

さて話を不妊に戻しますが、
相談者様の傾向を見ると
30代の方が多いです。

 

また結婚3~5年目の方が多く、
様々な不妊治療を継続しているが
結果が出ないという相談が多いです。

 

このような相談に対して、
私たちがどうサポートしているのか、
鑑定事例を出してご紹介します。

 

実際の鑑定事例 ~39歳女性・結婚7年目~

 

004 300x300 40歳で不妊治療をやめて子供を諦めるという生き方【風月コラム】

相談者と初めて対面したのは、
彼女が34歳のときで、
結婚して4年目でした。

 

自分には赤ちゃんができるかどうか
占ってみてほしいという依頼でした。

 

占いでは対面で人物鑑定を行い、
そのうえで四柱推命を使います。
それぞれの結果は以下の通りです。

 

《人物鑑定での結果》

・体力面、精神面でかなりの疲労あり。
・心配性でストレスを抱えやすい。
・小さな失敗でもすごく落ち込む。
・人とよく比較して世間体を気にする。
・夫婦仲が最近うまくいっていない。

《四柱推命の結果》

・優しく思いやりがある性格。
・出産運がいいのは35歳~36歳。
・30代後半は健康を崩しやすい。
・人の評価が気になる性格。
・パートナーに問題がある可能性あり。

 

以上のように出産に関わる項目を
ピックアップしてみると、
あまりよくない結果が並びました。

 

ここ1・2年が勝負であり、
それ以降は妊娠・出産は諦めて
別の道を探すべきという鑑定です。

 

それはそのまま彼女に伝えました。
彼女はショックを受けていましたが、
真剣に現実を受け止めてくれました。

 

そのうえで関係スタッフの紹介で
すばらしい専門医と出会い、
計画的な不妊治療が始まりました。

 

旦那さんにも検査を受けてもらうと、
精子の数が一般男性よりも少なく、
妊娠しづらいことが判明します。

 

そこからは人工授精など、
ありとあらゆる方法に
夫婦は必死で挑戦しました。

 

しかし2年経っても妊娠はせず。
気づけば5年が経過して、
彼女は39歳になりました。

 

38歳には物が食べられなくなり、
体重が10キロも落ちた彼女。
入院したこともありました。

 

医学は万能ではありません。
日本で1番実力があると言われる
専門医でも限界があります。

 

スポンサードリンク

 

そして占いは時として、
残酷な結果になる場合があります。
いいことばかりではありません。

 

私たちに出会ったことによって、
彼女はその両方を知ることに
なってしまったわけです。

 

私は悩んでいました。
本当にこれでよかったのか・・・。

 

そんなある日のことです。
39歳になった彼女から
私宛に1通の手紙が届きました。

 

39歳女性が選択した子どもを諦めるという道

 

003 300x225 40歳で不妊治療をやめて子供を諦めるという生き方【風月コラム】

風月先生、私は子どもを諦めるという選択をします。この9年間、赤ちゃんが欲しいという一心でいろいろな不妊治療に挑戦してきました。風月先生には、○○先生(不妊専門医)を紹介して頂いて本当に感謝しています。あれ以来、夫婦で必死に辛い治療にも頑張ってきました。結果が出ないときは、はっきり言って地獄の毎日でした。ただ、どこかで区切りをつけなくちゃいけないというのはずっと考えていました。

 

さらに手紙は続きます。

 

正直、赤ちゃんを諦めるというのは辛いです。何で自分だけこんな思いをしなくちゃいけないのかという怒りと情けなさで泣くこともあります。拒食症になってどん底をみたときに、ふと風月先生に言われた言葉が浮かんできました。「やり直せない人生はありません」
多くの人が救われたという意味がそのとき初めてわかりました。40代からは生まれ変わった自分でそろそろ前に進むことを考えていきたいと思います。私の30代は貴重な体験ができたんだと思ってます。ありがとうございました。

 

私はこの手紙を不妊治療専門の
医師にも見せに行きました。

 

そして2人で泣きました。
彼女の希望を叶えることができず、
心底悔しかったこと。

 

そんな私たちとの出会いに感謝し、
未来に向けて歩き出そうとする
彼女の決意に感動したこと。

 

それが涙の理由です。

 

今年は結婚10周年の記念旅行で
ハワイに出かけられるそうです。
もちろんご主人と一緒です。

 

彼女の生き方の受け止め方は、
1人1人違っていいのだと思います。
人生に答えなんてないのですから。

 

ただ1つだけ確かな事は、
新しい道を歩み始めている彼女を
私たちは全力で応援していきます。

 

今回もご覧頂きまして
ありがとうございました。

 

チーム風月会長 風月

 

9d0a4ed4e626c27fdc8f37c5306bdc88 300x171 40歳で不妊治療をやめて子供を諦めるという生き方【風月コラム】

↑風月先生特設ページはこちら↑