夏といえば嬉しいボーナスの時期。

気になる支給日ともらえる平均額、

そして使い道をアンケート調査して、

ランキングにまとめてみました。

 

スポンサードリンク

2014年夏のボーナス事情

 

2014年夏、会社員の方は嬉しいボーナスの季節の到来ですね。
アベノミクスで景気が上向いてきており期待してしまうところですが、
実際のところどうなのでしょうか?

 

全体の傾向としては2013年冬のボーナスの好調を受け継いで、
業界や企業によってはボーナス増額になるところも多く出そうです。

 

bo1 夏のボーナス最前線、支給日と平均金額は?使い道の人気ランキング

 

昨年度は自動車メーカーのマツダの増額率が話題になりました。
なんと前年比「33%アップ」という大判振る舞いだったんです。
この報道が効いたのか、就職を希望する大学生が増えたという話も。

 

最近は物価が上昇し始めており企業の業績はおおむね好調です。
その影響は大企業だけではなく少しずつ中小企業にもきています。
順調にいけばボーナスも少しずつ上昇していくかと予想できます。

 

それでは具体的なボーナス支給日や平均金額を見ていきましょう。

 

2014年夏ボーナスの支給日はいつ?平均金額は?

 

まずは夏のボーナスの支給日です。
公務員のボーナスは法令で決められており6月30日が支給日です。

 

その気になる平均額は一般行政職で約60万円だそうです。
約2~2,5か月分ぐらいのお金が入ってくるので大きいですよね。
その額は若干増減があっても毎年ほぼ変わらないので安定的です。

 

今若い人の間では公務員になりたいという希望者が急増しています。
夏・冬とボーナスがほぼ間違いなく2ヶ月分はもらえるというのは、
安定を求める若者にとって魅力的な条件なのかもしれません。

 

bo2 夏のボーナス最前線、支給日と平均金額は?使い道の人気ランキング

 

民間企業はどうなのでしょうか?
公務員とは違って会社によってボーナス支給日はそれぞれ変わります。
一般的な傾向としては6月末~7月10日位が多いようです。

 

平均額ですがこちらも企業の規模や職種によって変わってきます。
それぞれの平均支給額をまとめたものがこちらになります。

 

社員数5000人以上の大企業:
約80万円

社員数300人以下の中小企業:
約40万円

最も多いと言われる自動車業界:
約96万円

最も少ない言われる飲食・小売業:
約18万円

 

このように民間企業の平均金額は条件によって大きく変わってきます。
規模が大きい会社ほどボーナスの金額も増えていくという傾向ですね。

 

ちなみに占い師は基本的に自営業ですのでボーナスは0円です。
ですからボーナスが多い!少ない!というのは羨ましい悩みです。
ではなぜこの記事を書いているのかというと半分は妄想ですね(^^;)

 

なんだか悲しくなってきたので次のテーマに進みたいと思います。
ボーナスの使い道についてです。

 

スポンサードリンク

 

ボーナスの使い道ランキング

 

皆さんはもしボーナスをもらったらそのお金を何に使いますか?
20~40代までの男女合計100人にアンケートをお願いしました。
その結果がこちらになります。

 

第3位 買い物、旅行 15人

 

bo3 夏のボーナス最前線、支給日と平均金額は?使い道の人気ランキング

 

「毎日仕事を頑張っている自分へのご褒美!」(20代女性)
「ボーナスをもらったら海外旅行です」(40代女性)
「新しいカメラを買おうと思ってます」(30代男性)

 

自分へのご褒美というヤツですね。
僕が思うにはボーナスってこういう使い方をするイメージがあります。
もらえない僕が言うのもなんですがやっぱり夢を持ちたいですよね。

 

 第2位 ローン返済 18人

 

bo4 夏のボーナス最前線、支給日と平均金額は?使い道の人気ランキング

 

「少しでも早くローンを返したいから」(40代男性)
「金利が上がる前に繰上げ返済を検討中」(40代男性)
「利子を払いたくないから」(30代女性)

 

2位は「ローン返済」。
むむむ・・・現実的です。
ただローンを少しでも早く返したいという気持ちはわかります。

 

第1位 貯金 51人

 

bo5 夏のボーナス最前線、支給日と平均金額は?使い道の人気ランキング

 

「子供のためにも貯められるだけ貯めておきたい」(30代男性)
「結婚資金を貯めているので」(20代女性)
「少なくてもボーナスの半分は貯金」(30代女性)

 

1位は「貯金」で半数以上の票を集めて断トツのトップでした。
日本人は堅実志向で貯金好きという傾向が見事に表れましたね。
ボーナスは貯金するものと考えている人もかなり多くいました。

 

いかがでしたでしょうか?
アンケートの中で「ボーナスはお祭りだ」と答えた人がいました。
お祭りの規模は人によって違うかもしれませんがお祭りは楽しむもの。

 

たとえ少なかったとしても普段もらえないはずのお金ということで、
少しだけ自分へのご褒美をあげてみてはいかがでしょうか?
あとは貯金という形にすれば効率よい使い方ができるかもしれません。

 

ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

まとめ

★夏のボーナス支給日は6月末~7月10日頃が一般的。

★平均金額は約40万円。会社の規模や職種によって大きく変わる。

★使い道の第1位は「貯金」。ボーナス=貯金という考え方も根強い。

 

スポンサードリンク