2014年夏、花火大会特集。

今回は熱海市花火大会です。

私が過去にやってしまった

失敗体験談をご紹介します。

 

スポンサードリンク

船で優雅に花火観覧なんてステキ♪

 

ha1 熱海市花火大会は船での観覧はNG!私の失敗体験談

 

毎年、夏になると全国各地で様々な花火大会が開催されます。
その中でも熱海は都心から近く温泉もあるのでとても人気があります。

 

そこに旅行会社さんが目をつけて花火観覧ツアーを発売しました。
それが「熱海市花火大会を船から優雅にみよう!」ツアーです。

 

花火大会ってすごく綺麗なんですが唯一の欠点は人混みですよね。
通勤ラッシュ並みに人だらけでギュウギュウの状況になりがちです。
帰りの電車に乗るまで1時間かかったなんて言う話もよく聞きます。

 

その点ツアーではチャーターした船で優雅に花火を観覧できますし、
なおかつ海の上からという特等席が用意してくれているわけです。
しかも東京駅や横浜駅からの送迎まで付いているおまけ付きです。

 

お値段の方も大人1名8000円程度とまあまあという感じでした。
送迎が付いて、特等席で花火見れるなら安いものかもしれません。

 

これはもう参加するしかないでしょう!(*´∀`*)

 

私は彼(旦那)とともにこのツアーに申し込むことにしました。
しかし実際に参加してみると広告と現実のギャップだらけでした。
詳しく書いていきます。

 

バスも船も人だらけで大混雑

 

ha2 熱海市花火大会は船での観覧はNG!私の失敗体験談

 

横浜駅からバスに乗った私たち。
バスは利用した旅行会社のものでしたが前との間隔がかなり狭いです。
身長が187cmの彼は足を伸ばすこともできず窮屈そうでした。

 

車内は満員でファミリーも多く子どもたちの声が多く聞こえてきます。
片道約3時間コースで車内が狭いという悪条件で段々と疲れてきます。
小さな子はぐずり始めて大泣き。みんなイライラしている感じでした。

 

それでもどうにか熱海へ到着、
いよいよ船へ乗り込むぞ!というときに添乗員さんから驚きの一言が。

 

「他のツアーさんも同乗しますので決められた席に座って下さい」

 

え?そうなの??
すっかり貸し切れると思っていた私はなんだかがっかりでした。
そしてどんどんツアー客が乗り込んできて船内はほぼ満員に。

 

そうしているうちに船が出発します。
お酒とおつまみを買ってデッキへ移動してどうにか見える位置を確保
あとは花火が上がるのを待ちます。

 

肝心の花火が・・・!

 

ha3 熱海市花火大会は船での観覧はNG!私の失敗体験談

 

パーン!!

 

大きな音とともに花火が!
ついにきたー!!

 

あれ・・・?
でもすごく遠いんですけど。
しかも船が動くから見づらいです。

 

どうも安全性の問題とやらで近くからは見られないとのアナウンス。
そのうえ、この日は天候もあまりよくなくて風が強い日でした。
船の揺れで飲み物はこぼれる、気持ち悪くなるわでもう散々です。

 

肝心の花火ですが残念ながら私の中でほとんど記憶に残っていません。
早く船から降りたいという一心で花火どころではなかったからです。
ただ周りには添乗員に「全然見えない!」と怒っている人がいました。

 

こうして船の上から優雅に花火観覧という私の理想は打ち砕かれて、
揺れる船の上で遠くにかすかに上がる花火をみて時間は過ぎました。
これが他ならぬ現実でした。

 

スポンサードリンク

 

家に帰ったのは午前2時過ぎ

 

まだ最後に追い打ちがありました。
帰り道も送迎バスでしたが熱海周辺は大渋滞で車が動きません。
家に帰ったのは午前2時過ぎでした。

 

次の日は疲労から体調を崩して、仕事を休んでしまうという大失態。
1日寝る羽目になってしまいました。

 

ここまで書いたのはあくまで私が体験したレポートになりますので、
船での観覧ももしかしたら違った楽しみ方ができるのかもしれません。
ただしもう一度行きたいかと言われれば丁寧にお断りすると思います。

 

熱海の花火は盛大ですし、評判もいいのでいつかはリベンジしたいです。
今度はホテル付きプランとかでゆったりと観覧できればなと思います。

 

皆様の参考になれば幸いです。
ご覧頂いてありがとうございました。

 

まとめ

★熱海市花火大会には船で観覧できるというパックツアーがある。

★送迎バスは大混雑必至。帰りの時間は渋滞で大幅に遅れます。

★肝心の花火の見え具合も今一つ。船酔いしました。

 

スポンサードリンク