(続き)脳梗塞について 2ページ目

1ページ目に続きまして、

突然脳梗塞に襲われてしまった

タレントの磯野貴理子さんの

ケースについてご紹介します。

 

磯野貴理子さんを救った夫の行動

 

貴理子さんの夫の高橋東吾さん。
バーテンダーをされているイケメンで趣味はキックボクシングです。
貴理子さんよりも24歳年下ですので現在は26歳になりますね。

 

2年前にテレビ番組の中で彼の方から公開プロポーズをしました。
貴理子さんの返事はもちろん「YES」で2人は夫婦になりました。
好きになってアプローチをかけたのは彼からというのも凄いですよね。

 

そんな彼だからこそ貴理子さんの異変にいち早く気づけたのでしょう。
貴理子さんがろれつが回らず目の焦点が合ってないことに気づき、
すぐに119番通報をします。

 

この迅速な判断と行動が貴理子さんの命を助けたのは間違いないです。
しかし実際に119番するときに彼は迷わなかったのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

メディアの情報によると彼はバーテンダーのお客さん相手の仕事で、
万が一の事態に備えてあらゆる急な病気の対応策を勉強したそうです。
脳梗塞の前兆、症状、対応もすべて頭に入っていたのだと思います。

 

まさに夫の鏡ですね。
26歳という若さゆえに頼りないとも見られがちですがそれは違います。
彼の仕事に対する熱心さと妻への愛情は見習うべきだと僕は思いました。

 

貴理子さんですが徐々に回復に向かっているようで何よりです。
後遺症も現時点では表れていないとのことなので一安心ですね。
これからしばらくはリハビリになるでしょうが頑張ってほしいです。

 

貴理子さんの回復を祈っています☆

 

まとめ

★脳梗塞が突然、誰にでも襲ってくるもの。

★1番大切なのは早期発見。前兆と症状は要チェック。

★貴理子さんは夫のすばやい行動で命を救われた。

 

スポンサードリンク

 

←1ページ目に戻る