就活やアルバイトで使う履歴書や

大学生のサークルの集まりなどで

よく聞かれるのが自己紹介です。

今回は趣味にスポットをあてます。

 

スポンサードリンク

「趣味がない」人が増えている

 

en1 自己紹介で趣味がない人は引かれる?1000人に聞いてみた。

 

「趣味がない」と答える人の割合がここ数年で急増しています。
主な理由としては「趣味を持つとお金がかかるから」がトップです。
収入が増えない中で無駄なお金は使いたくないという節約志向ですね。

 

ある意味では理にかなっていると言えますがこれは少し残念な事です。
趣味を持つと自分の世界が広まって同じ仲間同士の交流が生まれます。
会話のレパートリーも増えるのでコミュニケーションにも役立ちます。

 

僕の趣味の1つが野球観戦です。
千葉ロッテマリーンズのファンでブログやSNSを開設しています。

 

そこで多くの友人と出会いました。
仲良くなったファンの方と一緒に球場へ応援に行ったり食事をしたり、
旅行に行ったこともありました。

 

学校や仕事以外でこのようなつながりがあるのはとても新鮮です。
年齢を超えた色々な人と接する事で自分の世界が一気に広がります。
仕事や恋愛の悩み事を相談しても実に的確なアドバイスをくれます。

 

趣味を持つとメリットが多いということはお分かり頂けたでしょうか?
ここからは少し視点を変えて「自己紹介」にテーマを定めていきます。

 

自己紹介で趣味がない人は引かれる?

 

en2 自己紹介で趣味がない人は引かれる?1000人に聞いてみた。

 

就職活動やアルバイトで書く履歴書。
職場の研修会や歓迎会など。
お見合いの場や合コンなどの場。
学校で新しいクラスになったとき。

 

これらの場面で必ずといっていい位に聞かれるのが「自己紹介」です。
この記事を読んでいるほとんどの皆さんは経験されているかと思います。
そして自己紹介をする際によく聞かれる項目こそが「趣味」になります。

 

上記に挙げた例を参考に自己紹介の場面を少し想像してみて下さい。
順番に自己紹介が進む中である人が「趣味はないです」と答えました。
そのときあなたはどう思いますか?

 

今回はインターネット上で1000人の方からアンケート協力を得て、
この質問をぶつけてみました。

 

【アンケート内容】 

自己紹介で「趣味がない」という答え方はありですか?なしですか?

 

アンケート調査の結果をまとめたものが次のグラフになります。
あわせてコメントもご紹介します。

 

en11 自己紹介で趣味がない人は引かれる?1000人に聞いてみた。

 

【あり派の意見】

○別に趣味がなくても悪い事ではないと思うので。
○自分も人に言えるような趣味を持っていないので。
○個人の自由。

 

【ない派の意見】

●初対面ならばちょっと変わっているなという第1印象を持つ。
●自分で壁を作っていてとっつきづらい人のように感じる。
●同じ趣味があればそこから仲良くなりやすいから。

 

いかがでしたでしょうか?
7割以上が趣味がないという答え方をよく思っていない結果でした。
数字だけではすべてを判断できませんが1つの判断基準となります。

 

ここまでをまとめます。
「自己紹介で趣味がないと答える人」は引かれやすい傾向があります。
受け止め方は人それぞれの面がありますので参考程度にお考え下さい。

 

ではこれから趣味を持つ場合は何から始めるのがよいのでしょうか?
いくつかおすすめをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

新しく趣味を始めたい方へ

 

これから趣味を持ちたいという方へ3つのおススメをご紹介します。
あまり費用がかからずに気軽に始められるものを選んでみました。
よかったら参考にしてください。

 

1、映画鑑賞

 

en3 自己紹介で趣味がない人は引かれる?1000人に聞いてみた。

 

まずは映画観賞です。
映画館やレンタルビデオ屋さんに行けばいくらでも種類があります。
映画を見たことがないという人はおそらくほとんどいないと思います。

 

自己紹介で「趣味は映画を見ることです」と言えばどうでしょうか?
聞いている人は「どんな映画を見るの?」という質問ができますよね。
そこをきっかけに交流が生まれやすいというメリットがあります。

 

話題を広げやすく知的な印象を与える面で映画はおススメです。
余談ですが映画好きの日本人は70%以上という調査結果もあります。
話が合う人も多そうですね。

 

2、写真

 

en4 自己紹介で趣味がない人は引かれる?1000人に聞いてみた。

 

次に写真です。
写真と言えば値段が高い一眼レフカメラを想像してしまいがちですが、
最近は通常のデジタルカメラでも十分に質の高い写真が撮れます。

 

僕は子どもが生まれた時から我が子の写真をよく撮るようになりました。
写真の枚数が増えていくとそれと同じペースで好きになっていきました。
高いカメラは持っていませんが今でも楽しみながら長く続けています。

 

知れば知るほど奥が深い世界なので趣味としては面白いかと思います。
写真の腕はあがりますし形として記念にも残るのでおススメです。

 

3、スポーツ

 

en5 自己紹介で趣味がない人は引かれる?1000人に聞いてみた。

 

最後はスポーツです。
ジョギング、球技、水泳、ダンス、ヨガ、スキーなど何でも構いません。
自分が好きな種目、あるいは得意な種目から1つ選ぶのがいいでしょう。

 

スポーツのメリットは何と言っても健康によいという点につきます。
運動不足解消に一役買いますし体力の向上、維持にも効果があります。
さらにストレス解消効果が最も高いとされて国も推奨しています。

 

お金の面もほかの趣味と比べるとかなり割安に抑えられると思います。
メリットの多さが断然に多いスポーツは自身を持っておススメできます。

 

いかがでしたでしょうか?
ご紹介したもの以外でも趣味になるものは探せばたくさんあります。
ポイントとしては「自分が楽しんでできるもの」を選んでみて下さい。

 

素敵な趣味と出会えますように。

 

まとめ

★自己紹介で趣味がない人は引かれやすい傾向にある。

★7割以上が「趣味がない人」に対してよい印象を持っていない。

★新しく趣味を始めるならば映画、写真、スポーツがおすすめ。

 

スポンサードリンク

 

【気になる恋愛の噂】

甘え上手な女子はモテる!?

⇒男心をわしづかみ。モテル女子がやっている上手な甘え方って?

 

脈のある、なしを判別する方法

⇒付き合う前の初デート。この脈ありサインがあれば交際発展率80%!へ