3組に1組が離婚するという現代。

離婚率が大きな問題になっています。

どんな原因で離婚を決意したのか

その理由を調査してみました。

 

スポンサードリンク

離婚は決して他人事ではありません

 

ri1 離婚理由のランキング。経験者1000人へのアンケート結果発表

 

あの2人離婚したらしいよ・・・。
皆さんは今までにこんな噂話をどこからか聞いたことがありませんか?

 

最近は離婚届けを役所が受理するペースが2分に1組らしいです。
今こうして記事を読んで頂いてるわずかな間にも誰かが離婚しています。
離婚は決して他人事ではなくなったという認識を持たないといけません。

 

人生には3つの坂があると言います。
結婚式のスピーチなどで年配の人がよく使っている決まり文句ですね。
ちょっと挙げてみます。

 

上り坂、下り坂、まさか

 

離婚を一言で表せば「まさか」という表現がピッタリだと思います。
結婚するときは男性も女性も普通は離婚を考えてなんていませんよね。
周囲から祝福されて幸せいっぱいのスタートを切る人がほとんどです。

 

それが何かの理由で夫婦の間に亀裂が入ってしまい離婚に至ってしまう。
結婚3年目までの若い夫婦や熟年離婚までその形は多様化しています。
長年連れ添った妻からある日突然離婚を言い渡されるケースもあります。

 

考えただけでもゾッとしますね。
ここで大事なのはどうして離婚にまで至ってしまったかという点です。
それがわかれば反面教師として離婚を未然に防げる可能性があります。

 

そこで占い師のネットワークを活用してアンケート調査を行いました。
対象は10代~60代までの離婚経験者男女1000人の方々です。
質問項目はこちらになります。

 

≪質問項目≫

あなたが離婚を決めた理由は何ですか?

 

早速結果をみていきましょう。
ベスト5を発表します。

 

スポンサードリンク

 

離婚理由のランキング

 

第5位 家族・親族問題 48人

 

ri2 離婚理由のランキング。経験者1000人へのアンケート結果発表

 

「お姑さんとどうしても合わなかった」(30代女性)
「同居を強要されたことが無理だった」(20代女性)
「介護の方針で折り合いがつかなかった」(40代男性)

 

第5位は家族・親族問題です。
一昔前は嫁姑問題が主な要因でしたが最近は介護の問題も絡んでいます。
夫婦で考え方が異なると色々とうまくいかずに衝突する原因になります。

 

解決策としてはお互いに案を出し合って妥協点を探すことだと思います。
算数の計算のようにはっきりとした答えは期待しない方がいいでしょう。
将来の事よりもまずは今どうするか?を話し合うことが大切になります。

 

第4位 DV 57人

 

ri3 離婚理由のランキング。経験者1000人へのアンケート結果発表

 

「夫の暴力がとまらなかった」(30代女性)
「妻からの毎日の暴言でうつ病になった」(50代男性)
「親にも殴られたことがなかったので」(10代女性)

 

第4位はDVです。
肉体的なものと精神的なものがありますがどちらも対象になります。
夫から妻というケースが圧倒的に多いですがその逆も増えています。

 

DVで苦しんでいるならば離婚はやむ負えない選択肢かもしれません。
子供の目の前だったりするとトラウマとして長く残る恐れがあります。
どんな状況でも手を挙げるという行為だけはやってはいけない事です。

 

第3位 金銭的な問題 166人

 

ri4 離婚理由のランキング。経験者1000人へのアンケート結果発表

 

「夫がギャンブル依存症だったので」(50代女性)
「妻がブランド物ばかりを買っていた」(40代男性)
「夫が働かなかった。子供を連れて家を出ました」(10代女性)

 

第3位は金銭的な問題です。
お金はすべてのトラブルの元凶と呼ばれてますが夫婦でも同じです。
人間お金がなくなると気持ちに余裕がなくなってイライラしがちです。

 

解決方法としてはとにかく話し合いの場を多く持つことだと思います。
FPなどを交えて将来設計をきちんと立てられれば見通しがもてます
それぞれの価値観の問題が絡むので第三者がいた方がスムーズです。

 

第2位 浮気問題 183人

 

ri5 離婚理由のランキング。経験者1000人へのアンケート結果発表

 

「私の妊娠中に夫が浮気。許せませんでした」(20代女性)
「相手のことがまったく信じられなくなった」(30代男性)
「結婚が早かったのかもしれません」(10代男性)

 

第2位は浮気問題です。
信じていた相手に裏切られるという心の傷はなかなか治らないものです。
相手が信じられなくなって離婚というのは1つのパターンと言えます。

 

解決方法としてはもう一度0から信頼関係を築いていくしかありません。
浮気をした側はしばらく何を言われても耐えなければならないでしょう。
長い人生に1度や2度の過ちはつきものですが十分に注意が必要です。

 

引き続き次のページでは
第1位の離婚原因を発表します。
ドキッとするような結果でした。

 

⇒2ページ目に進む

 

ページ 1 

 

スポンサードリンク