スギ花粉とヒノキ花粉が

気になる季節になってきました。

今年の花粉症の傾向について

詳しくまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 

2016年の最新花粉情報

 

今年も“つら~~い”花粉症のシーズンがやってきてしまいました。
僕も重度の花粉症なので毎年この季節になるとげんなりしてしまいます。

 

主な症状は鼻水や目のかゆみ、頭痛などで風邪とよく似ています。
1つ違うのはピークを超えるまでは毎日症状が出るという点です。
風邪を2か月引き続けることを想像するとわかりやすいでしょうか。

 

この記事を読んでくださっている方はおそらく花粉症の方でしょうか。
苦しんでいる者同士、少しでも有益な情報を提供できるようにします。

 

ではさっそく2016年の花粉事情からご紹介していきたいと思います。
今年の花粉の飛び始めですが関東では2月初旬という予報です。
花粉症がひどい方は少なくても2月から薬を飲み始めたいところです。

 

この時期に症状が出る花粉の種類はスギ花粉とヒノキ花粉の2つです。
どちらかだけという人もいますが大抵は両方とも反応して症状が出ます。
飛散時期については次の通りです。

 

ka1 花粉症2016。飛散時期のピークと花粉量。今年はヤバいって本当?

 

スギ花粉

時期:2月中旬~4月末まで
ピーク:3月~4月

 

ヒノキ花粉

時期:3月~4月
ピーク:4月

 

特徴としてはスギ花粉の方が早く飛び始めるので先に症状が出ます。
ヒノキは遅れて飛び始めるうえに時期もスギと重なってるんですよね。

 

「私はスギだけだから!」
そんな風に意地になってヒノキを否定する方が多いのはそのためです。
花粉症って自分では認めたくないという部分がありますよね(笑)

 

ここまでをまとめます。
スギは3月、ヒノキは4月がピークと覚えておいていいと思います。
今年もこの傾向は変わりませんのでそれに合わせて対策が必要です。

 

では次に2016年の花粉の飛散量についてはどうなのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

今年の飛散量がヤバいって本当?

 

結論から書くと“本当”です。
2016年の花粉の量は「例年よりも多い」と言われています。
関東では例年比で30%~50%の花粉が多く飛ぶことになりそうです。

 

もう1つ恐怖のデータがあります。
昨年度は夏にエルニーニョ現象が観測され冬は暖冬になりました。
これは最も花粉の飛散量が多くなるパターンで飛び始めも早くなります。

 

昨年と比較すると今年の花粉量は2倍~3倍になる見込みです。
飛散量が増えれば症状が重くなるのは確実ですのでこれはヤバいですね。
外出時にはマスクを必ずつけないとあとで大変な事になってしまいます。

 

ちなみに花粉量についてですが夏の天気や気温によって決まってきます。
日照時間が長く気温が高いという条件の日が続くと花粉は増加します。
最近は温暖化が進んできているので花粉量も増えやすくなっています。

 

2016年の花粉は多く飛ぶので早め早めに対策をうつことが大切です。
この辛い時期をどうにか乗り越えて5月は楽しい連休を迎えましょう♪

 

まとめ

★2016年のスギ花粉は2月初旬から飛び始める。

★スギは3月、ヒノキは4月にピークを迎える。

★2016年の花粉量は昨年度の2~3倍多くなる。

 

スポンサードリンク

 

【どうする?花粉症対策】

簡単にできて効果抜群です。

⇒花粉所対策にはヨーグルトとバナナ!驚きのその効果とは?