離婚すると子供がかわいそう!

いやいや逆に幸せなんじゃない?

意見が分かれるこの論争について

子どもたちの本音に迫りました。

 

スポンサードリンク

 

離婚という選択肢

 

近年増え続けている離婚。
最近では2分に1組が離婚届けを提出するような時代になりました。
夫婦の割合にすると3組に1組が「離婚」という選択をしています。

 

離婚がいいか、悪いかはケースバイケースであり一概には言えません。
ただし結婚する時に離婚の事を考えているカップルはいないですよね。
実際に離婚経験者もできるならば避けたかったというのが本音です。

 

そうは言っても例えばDV等の深刻な問題があれば話は変わります。
そのまま一緒にいれば非常に危険ですし命だって奪われかねません。
お子さんにとっては大きな心の傷となって成人後もトラウマになります

 

離婚の是非は難しいテーマですね。
僕が占いを担当した相談事例の中から1つご紹介したいと思います。

 

DVと離婚についての相談事例

 

nin2 離婚は子供がかわいそうって本当?子どもの本音をアンケート調査

(写真はイメージです)

 

彼女は30代で結婚5年目。
2歳になるお子さんがいました。

 

同じ30代の御主人は運送業を8年続けていましたが体調を崩して退職。
再就職先がなかなかみつからず貯金を切り崩す生活に陥ってしまいます。
夫婦の間に喧嘩が絶えず、ついには奥様にDVをするようになります。

 

DVのあとはご主人が奥様に泣いて謝るという行為が繰り返されます。
「このままではよくない」とお知り合いの紹介で僕を訪ねてきました。

 

僕はまず彼女のことを褒めました。

 

顔には傷の痕が残っており人が追い詰められたときに見せる表情でした。
この状態では外出するのも難しく引きこもりになる場合がほとんどです。
そこから一歩踏み出そうと行動するのはとてもハードルが高いのです。

 

彼女に対して僕が行ったアドバイスは結論から書くと「離婚」です。

 

このケースで考えると離婚は「子どもを守る」ということになります。
また行政に相談すれば専用のサポートが受けられ国も助けてくれます。
役所に行けば専門の相談員もいるのでそちらを紹介させて頂きました。

 

彼女は早速お子さんと一緒に家を出て専用の公共施設に入りました。
後日お礼のお手紙を頂きましたが新たな人生をスタートさせています。

 

ご主人の方は「やり直したい」らしくまだ離婚に同意していません。
奥様の方はすでに離婚の決意を固めているので今後は調停になります。
ここまでが事例となります。

 

子供のために復縁か?そのまま離婚か?

 

ri3 離婚は子供がかわいそうって本当?子どもの本音をアンケート調査

 

やり直したいというご主人。
再びのDVの恐怖に怯える妻。

 

客観的な見方をすれば復縁するべきではないという意見が大半です。
そして僕もその1人でDVの再発というリスクが大きいと思います。

 

しかしそれは2歳のお子さんにとっては父親を失う事を意味します。
お子さんは普段は優しい父親に懐いており別居中も「パパは?」と、
奥様に何度も聞いてきたそうです。

 

離婚をするときに必ず大きな問題になるのが子供の存在です。
両親が離婚して離れ離れになることで最も影響を受けるのは子供です。
だからこそ子供がいながら離婚を選ぶときには慎重な判断が必要です。

 

子供はかわいそう?幸せ?
離婚するべき?しないべき?
子供の事を考えると迷いますよね。

 

そこで1つ提案があります。
子供目線を知ることです。

 

親の離婚を経験した子供は離婚についてどう思っているのでしょう?
今回は100人にアンケートの協力を得てその結果をまとめました。

 

スポンサードリンク

 

離婚についての子どもの本音をアンケート調査

 

≪親が離婚した100人へのアンケート≫

★両親の離婚について納得していますか?

YES:32人
N O:68人

 

★離婚は「子供がかわいそう」という意見には賛成ですか?

YES:69人
N O:31人

 

★(重大な問題の場合)
離婚は「子供にとって幸せ」という意見には賛成ですか?

YES:28人
N O:72人

 

【コメント】

・大人になってようやく離婚に納得できたがそこまで長かった。
・離婚するならば子供にもしっかりと説明をしてほしい。
・将来、自分も離婚するんじゃないかと不安です。
・仕方ない面はあると思う。でも子供にいい影響はない。
・子供にとって幸せかどうかは親が決める事ではない。

 

~当サイト独自調査より~

 

以上のような結果になりました。
賛否両論様々な意見がありました。

 

今回の調査で判明したのは子供にとって離婚はマイナスイメージが強く、
大人になってからも何らかのトラウマが残る場合があるという事でした。

 

離婚について十分な説明を受けていない子供は特にこの傾向が強く、
親は子供が物心ついた段階で離婚の経緯を説明する必要があるでしょう。
それだけではなく心のケアも含めて継続的なフォローが求められます。

 

いかがでしたでしょうか?
この記事では親が離婚をした子供の本音についてご紹介してきました。
離婚はなかなか正解がない問題ですが1つの参考になれば幸いです。

 

まとめ

★離婚はここ数年で急増している。

★親と子供では離婚に対する考え方が別物である。

★親の離婚に対してマイナスイメージを持つ子供が多かった。

 

スポンサードリンク

 

【離婚についての気になる話題】

離婚の理由第1位は?

⇒離婚理由のランキング。経験者1000人へのアンケート調査へ

 

最も離婚しやすい夫婦は?

⇒結婚3年目、子なし夫婦の離婚率は60%以上?浮気にも要注意へ