うちの子はもう2歳になるのに

言葉が遅くて喋れないんです。

そんな悩みを持っているママに

現役保育士の私が答えます!

 

スポンサードリンク

2歳なのに言葉が出ない(遅い)

 

もう2歳になるのに言葉が出ない。
他の子はよくお話しするのに・・。
うちの子は大丈夫かな??

 

私が2歳クラスの担任をしていたときに多かったのが言葉の悩みです。
周りの子がよく喋っているのに我が子が話さないと心配になりますよね。

 

子供の発達段階では2歳頃から色々な言葉を話し始めることが多いです。
ママ、パパから始まって「いちご、おいしい」など二語文になります。
そして言葉の面白さに気づくとどんどん新しい言葉を話し始めます。

 

男女で比べると女の子の方が言葉を覚えるのが早い傾向にあります。
同じ2歳児クラスでも女の子はよくしゃべるのに男の子は静かです。
男の子は喋らない代わりにちょろちょろと動き回る子が多いですね。

 

ママやパパからすると同じ年なのに何でこんなに違うんだろうと、
疑問に思うのは当然ですよね。

 

実はうちの子(男の子)も言葉を覚えるのが遅くて私も悩みました。
2歳になってもパパ、ママ、バアバ、アンパンチが精一杯(苦笑)
2歳6か月あたりからようやく色々な言葉を覚えて話し始めました。

 

私自身、保育士ですが我が子の事はやっぱり気になるんですよね。
だからこそ心配してしまう親の気持ちはとてもよく理解できます。

 

2歳児検診でお医者さんに言葉の遅れを相談しても相手にされません。
「1人1人に違いがあってそれも1つの個性」と私は言われました。
言っていることはわかるのですがこれだと釈然としない部分もあります。

 

1番知りたいこと。
それは言葉が遅い子への具体的なアプローチであるからです。
どうすればもっと言葉が話せるようになるか?という部分ですね。

 

そこでここからは言葉の成長が遅い子への正しい接し方について、
詳しく取り上げていきます。

 

スポンサードリンク

 

言葉の成長が遅い子に対する効果的なアプローチ方法

 

ここからはアプローチ方法を3つのポイントに分けて解説します。
保育士として、母親として、そして先輩からのアドバイスを元にして、
今日からすぐにでもできるような効果的な方法を考えてみました。

 

早速ご紹介していきます。

 

1、他の子と比べるのをやめる

 

ni1 二歳で言葉が出ない。成長が遅い子に対する効果的なアプローチ方法

 

まず大前提としてこれだけは理解して頂きたいという大事な部分です。
これは言葉に限ったことではなく子供の成長全般に関わってきます。

 

冒頭でも書きましたが言葉は女の子の方が男の子よりも覚えが早いです。
同性でも体格や環境の違いによって成長速度は本当にバラバラです。
保育園に行っている子は集団生活をしているので覚えも早くなります。

 

大切なのは他の子との比較ではなく我が子の成長過程にあります。
前と比べてできるようになったことや成長したことなどに注目して、
子どもをたくさん褒めてあげればそれが自信へとつながってきます。

 

自信がつけば子供は新しい事も積極的にチャレンジするようになります。
叱ることよりも褒めることに重点を置くと子育てはうまくいきます。

 

2、たくさん話しかける

 

ni2 二歳で言葉が出ない。成長が遅い子に対する効果的なアプローチ方法

 

言葉を話すためにはまずは「聞く」ことからスタートになります。
パパやママだけではなく色々な人が話しかけてあげるといいですね。
子供に聞く力がついてくると今度は真似をしようとするものです。

 

ポイントとしては話すときにしっかりと子供の顔をみることです。
そして子供から何らかの反応が返ってきたら頷いてあげて下さい。
こうしていくうちに子供が会話を覚えて楽しめるようになります。

 

例えば動物の絵本などを一緒に読んであげるとよいかもしれません。
ワンワン、ニャーニャー、ブーブなど子供が反応しやすい素材です。

 

たくさん話しかけてたくさん頷いてあげることで子供は安心感を持ち、
自然に言葉を発してみようという気持ちを引き出すことができます。

 

3、アニメを有効活用する

 

ni3 二歳で言葉が出ない。成長が遅い子に対する効果的なアプローチ方法

 

アンパンマン。
わんわん。
ムテキチ。

 

2歳の子はここに挙げたようなキャラクターに強い関心を示します。
日本のアニメの力は世界を見ても群を抜いており非常に優秀です。
それは小さな子供向け番組も同様で実によく工夫されています。

 

教育上テレビは見せないという方針であれば無理には進めませんが、
言葉を話すようになるきっかけとしてはよい教材の1つと言えます。
うちの子もパパとママの次に覚えたのはアンパンチでした(^^;)

 

ポイントとしては見せっぱなしにするのではなく一緒に見る事です。
「あれなーに?」などと子供に質問してみるのもよいでしょう。
何回も見ているものであれば何かしらの反応を示してくれます。

 

いかがでしたでしょうか?
絵本やアニメなど子供が興味をもつものを上手に利用することで、
言葉を発しやすくしてあげるというのが1つの効果的な方法です。

 

またその際には子供の話をよく聞いて大きく頷いてあげて下さい。
そうすることで子供が安心して自信をもって話すことができます。

 

成長が遅いからと言って親がイライラしてしまうのはNGです。
子どもの観察力は非常に鋭く、親の行動を1つ1つよく見ています。
子供が安心して言葉を発することができる環境を作っていきましょう。

 

子育ては楽しくやるのが1番です♪

 

まとめ

★親としては我が子の言葉の遅れはとても気になるもの。

★子供の言葉を引き出すためには3つのアプローチ方法がある。

★成長が遅いからと言って親がイライラするのはNG。

 

スポンサードリンク