(続き)妊娠中の動悸、息切れ 2ページ目

1ページ目に続きまして、

妊娠中の動悸や息苦しさを

改善する5つの方法について

特集していきます。

 

 妊娠初期の動悸と息苦しさを改善する対処方法

 

3、深呼吸をする

 

ベンチに座ってジュースを飲んだあとは大きく深呼吸をしてください。
何回か深い呼吸を繰り返して気分を落ち着かせるようにしていきます。
1~3の一連の動作は単純なようですが最も即効性がある対処法です。

 

動悸や息切れは焦れば焦るほど症状がどんどんひどくなっていきます。
今まで経験したことがない場合は特にパニックになってしまいがちです。
まずは休んで心を落ち着かせていけば自然と回復に向かいます。

 

残りの2つは予防法です。
専門家が推奨しています。

 

4、ゆっくりとお風呂で体を温める

 

do5 (続き)妊娠中の動悸、息切れ 2ページ目

 

動悸や息切れを予防するために普段から体を冷やさないようにします。
効き目があるのは毎日の入浴で疲労回復効果も得られて一石二鳥です。
ゆっくりとお湯につかるようにしてリラックス効果を高めましょう。

 

足湯もおススメです。
自然の中でいい空気を吸いながら足湯につかれば胎教にもいいです。
ママと赤ちゃんがリフレッシュできる場を作るようにしてください。

 

5、食事で鉄分を摂取する

 

do6 (続き)妊娠中の動悸、息切れ 2ページ目

 

妊娠初期に発生する動悸の原因の1つに鉄欠乏性貧血があります。
これはその名前の通り鉄分が不足することにより起きる貧血です。
妊娠すると鉄分が不足しがちになりますので注意が必要になります。

 

鉄分が多い食材というと「レバー」が有名ですが食べすぎには注意。
レバーに含まれているビタミンAは妊婦さんが過剰に摂取しすぎると、
お腹の赤ちゃんに悪影響が出るという研究結果が出ています。

 

妊娠中は植物性の非ヘム鉄が含まれている食品を多く摂るといいです。
具体例を挙げると、納豆、切干大根、ひじきなどがそれに該当します。
野菜やいも類、肉、魚などと合わせて摂取するとより効果的です。

 

スポンサードリンク

 

いかがでしたか?
貧血や動悸の有無にかかわらず妊娠初期は無理をしないようにして、
ゆったりとリラックスした日常生活を送るように心がけましょう。

 

少し休んでもよくならない場合や何度も息苦しさを感じる場合は、
医師に相談するようにして下さい。

 

充実したマタニティライフが送れますように・・・♪

 

まとめ

★動悸や息苦しさは発生頻度が高い妊娠初期症状。

★症状が出たときの対処方法は ①休む ②水分補給 ③深呼吸

★予防策としてお風呂と鉄分摂取が効果的。

 

スポンサードリンク

 

【妊娠初期の気になる記事】

流産から身を守ろう!

⇒ 妊娠初期の過ごし方。流産を防ぐために気をつけることって?

 

安心できるのはいつから?

⇒心拍確認後の流産確率5%はウソ?!安心できる本当の基準って?
 ←1ページ目に戻る