大学生の夏休みは長い!

4か月もあるらしい・・・。

こんな噂は本当なのでしょうか?

検証していきます。

 

スポンサードリンク

大学の夏休み期間はいつからいつまで?

 

学生の特権と言えば夏休み。
旅行に行くのもよし、アルバイトをするもよし、1日ゴロゴロもよし。
自由な時間がたっぷりとあるので好きなことをすることができます。

 

学生の中でも最も夏休み期間が長く自由に行動できるのが大学生です。
お金さえあればどこへでも行くことができますし宿題も少なめです。
僕も大学時代の夏休みはいろいろなところに旅行へ出かけていました。

 

実際のところ大学生の夏休み期間はどのくらいあるのでしょうか?
これは大学や学部によって大きな差があるので一概には言えません。
1番多いのは7月末にテストがあって8月、9月が休みのパターンです。

 

医学部や理系の学生はほかの学部の学生に比べて夏休みが短めです。
とはいえお盆の時期から9月にかけては休みのところがほとんどです。
ほかの学生と違うのは9月まで休みが続くという点が挙げられます。

 

この点からも大学生は夏休みが長いと言えるのではないでしょうか。
これから大学生活を送るという人にとってはいいニュースですね♪

 

スポンサードリンク

 

夏休みが4か月もある大学はどこ?

 

次に夏休みが4か月もあるステキな大学について特集していきます。
その大学に通っている知人から聞いて僕もビックリしてしまいました。
おそらく4か月間あるのは日本中でもこの大学だけかと思います。

 

その大学とは、、、

 

関東にある日本一優秀な国立大学です

 

実名を出すと色々と問題が起こりそうなのでここまででお許し下さい。
この大学に通う文系学生の中には最長で7月1週目~10月1週目まで、
4か月間の夏休みがあるという人がいるというのは羨ましい限りです。

 

色々な面で日本一の称号を持つこの超有名大学は魅力が盛りだくさん。
その分試験をパスするには大変でしょうが頑張る価値はありそうです。
夏休みが長いという理由だけで入学するのも微妙ではありますが・・・。

 

1つの情報として覚えておくと何かの役に立つかもしれません。
この大学を狙ってる人にもよいニュースと言えるのではないでしょうか。

 

まとめ

 

大学の夏休み期間はそれぞれで大学や学部によって異なります。
傾向としては私立よりも国立、理系よりも文系が期間は長いようです。

 

最も夏休みが長い大学は誰もが知っている関東にある超有名国立大学で、
文系の学生の中には4か月間の夏休みを取っている人もいるそうです。

 

大学生活が楽しくなりそうですね♪

 

スポンサードリンク