2015年夏休み限定スポット

UGOKASに行ってきました!

出発前に知っておくと役立つ情報を

色々とご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

UGOKASとは?

 

UGOKAS(ウゴカス)は豊洲にオープンした屋外型レジャー施設です。
その名前の通り体を「動かす」アトラクションがたくさんあります。
“大人と子どもが一緒に楽しめる!”をコンセプトにしています。

 

ファミリーはもちろんデートスポットやテーマパークとしても最適。
そんなUGOKASをこの記事では徹底的に特集しちゃいます。
まずは詳細から見ていきましょう。

 

ug1 UGOKAS(ウゴカス)お台場豊洲の混雑状況と口コミ&感想レポート

 

UGOKAS(ウゴカス)

<開催期間>
2015年7月18日~8月31日
10:00~18:00

<アクセス>
ゆりかもめ「新豊洲」駅より 徒歩2分
東京メトロ有楽町線「豊洲」駅より 徒歩15分

<料金>
○入場券
大人(中学生以上)  1500円
小人(小学生)  1000円

○1日フリーパス<入場券+アトラクションチケット>
大人(中学生以上)  4800円
小人(小学生)  3800円

 

知っておくと役立つ4つのお得情報♪

 

1、前売り券と夕方3時間券が断然お得!

 

ug2 UGOKAS(ウゴカス)お台場豊洲の混雑状況と口コミ&感想レポート

 

前売り券<1日フリーパス>を事前に購入しておくと少し安くなります。

 

【前売り1日フリーパス】
大人 4800円→4400円
小人 3800円→3600円

 

大人は400円引き、小人は200円引きですからランチ代が浮くかも?
また15:00~閉園時間の午後18:00までの夕方3時間券もあります。

 

【15時~18時の3時間券】
大人 2800円
小人 2600円

 

近くにはビアガーデンもあります。
夕方3時間券でUGOKASで遊んだあとにビアガーデンでかんぱーい!
なーんてやれたら最高だよねと我が家のパパは興奮していました(笑)

 

2、未就学児は無料!

 

ug3 UGOKAS(ウゴカス)お台場豊洲の混雑状況と口コミ&感想レポート

 

これは嬉しいサービスですね。
小学生になる前の3歳~5歳ぐらいの子でも無料で入ることができます。
うちの息子は2歳でしたので無料で1日思いっきり遊ばせて頂きました。

 

一部のアトラクションには年齢制限、体重制限、身長制限がありますが、
小さな子でも遊べるアトラクションもたくさんあるので大丈夫です。
参考までにうちの息子がやったアトラクションを紹介しておきます。

 

☆じゃぶじゃぶ迷路(1000円)
☆スライダープール(1000円)
☆ボールハウス(500円)
☆キッズアートボード(1000円)
☆アニマルライド(500円)

参考:UGOKAS公式サイト

 

未就学児はほとんどのアトラクションで保護者同伴という形でした。
同伴の場合は近くから見ているだけなので料金は払わなくてもOKです。

 

小さな子連れで行く場合には1日フリーパスは必要ないかもしれません。
うちは入場券(大人1500円)+アトラクションチケットで十分でした。

 

スポンサードリンク

 

3、フードコートは狙いを決めよう!

 

UGOKASのフードコートは有名店揃いでほっぺたが落ちそうになります。
ただし大変混雑しますので事前にお店を決めておいた方がいいです。
おすすめのお店をいくつかピックアップしてご紹介していきます。

 

★タニタ食堂

 

ug5 UGOKAS(ウゴカス)お台場豊洲の混雑状況と口コミ&感想レポート

 

500kcal以下のタニタ社員食堂のメニューを再現したお弁当屋さん。
テレビでも話題になっていますが低カロリーなのにとってもおいしい♪
お昼時は行列ができてしまうので少し時間をずらした方がいいです。

 

★花畑牧場

 

ug6 UGOKAS(ウゴカス)お台場豊洲の混雑状況と口コミ&感想レポート

 

花畑牧場と言えば日本中にブームを巻き起こした生キャラメルですね。
UGOKASでのメインは本格派ホエー豚丼、ジンギスカンになります。
デザートには濃厚な花畑牧場特製の激ウマと評判のカキ氷をどうぞ。

 

★Fru Vege

 

ug7 UGOKAS(ウゴカス)お台場豊洲の混雑状況と口コミ&感想レポート

 

スイーツならここがおすすめ♪
驚くほどふわふわ~のシフォンケーキが全部で12種類あります。
ちょっと小腹がすいたときや休憩したいときにオススメのお店です。

 

4、UGOKASを楽しむ為の必須アイテム!

 

ug8 UGOKAS(ウゴカス)お台場豊洲の混雑状況と口コミ&感想レポート

 

UGOKASのアトラクションにはサンダルや裸足がNGのものがあります。
当日はビーチサンダルとスニーカーの両方を持っていくと便利です。

 

また屋外テーマパークですので日焼け止めと帽子は必ずお忘れなく。
長時間外にいると強い日差しがギラギラと容赦なく照りつけてきます。
日焼け止めを塗っていなかった我が家のパパは1日で真っ黒でした。

 

引き続き2ページ目では、
私がUGOKASに行ってきた
感想レポートをご紹介します。

 

⇒2ページ目に進む

 

ページ 1 

 

スポンサードリンク