(続き)トーテムの座席の選び方 2ページ目

1ページ目に続きまして、

「トーテム」を鑑賞する際の

おすすめ座席について

特集していきます。

 

トーテムのおすすめ座席は?

 

da2 (続き)トーテムの座席の選び方 2ページ目

 

東京公演会場のお台場ビッグトップの客席は円形になっています。
基本的にどの座席からでも舞台が見やすい作りになっています。
おすすめとしては舞台正面のC・D・Eブロックの中央寄りの席です。

 

円形だからどこも一緒と考える人が多いので意外と空いています。
舞台は正面から見えた方がいいので迷ったらここを押さえてください。

 

またフィックスト・トラピス・デュオとリングス・トリオの空中演目は、
前方の席でずっと上を見上げていると首が凝ってしまいます。
そこであまり前の方にこだわらずに中~後方の席でOKです。

 

座席の種類はSS席、S席、A席とありますがここは迷わずSS席を。
この理由はのちほどご紹介します。

 

そして最後になりますが9列目と10列目の間は通路となっています。
足を伸ばせたり、トイレなど座席の出入りがしやすいのでおすすめです。

 

スポンサードリンク

 

ここだけは避けよう!

 

エリアA、Gは演出機材により、舞台の一部が見づらい席があります。
制作側の発表ではどこからでも楽しめるとアナウンスしていますが、
A席にあたる端っこは舞台を後ろからみるようなイメージになります。

 

私は少しでも安い席を求めてA席を買って大失敗した経験があります。
これならばケチらないでSS席を買えばよかったとすごく後悔しました。

 

SS席とS席、A席。
私はすべて経験しましたがはっきり言って舞台の見え方が全然違います。
お台場ブッグトップの円形ならば迷わずにSS席を選んだ方がいいです。

 

≪大人の料金≫

SS席 13500円
S席  11000円
A席   7500円

 

前ページに掲載した料金表です。
A席の安さが目立ちますよね。

 

これまでに様々な舞台を見てきましたが1つ共通の法則があります。
それは「異常に値段が安い席は間違いなくハズレる」というものです。

 

特別な事情がない限りはSS席を選ぶべしというのが私の結論です。
せっかく見に行くのですからストレスなく舞台を鑑賞したいですよね。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ

★2016年シルクドゥソレイユ「トーテム」が公演決定。

★フジテレビダイレクトではすでにチケットを先行発売中!

★おすすめ座席はC・D・Eブロックの中段あたりの席。

 

スポンサードリンク

 

←1ページ目に戻る