30歳で貯金1000万円を

貯めるにはどうすればいい?

そのために必要な努力やコツを

ご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

30歳で貯金1000万円はすごい?

 

貯金1000万円はいわゆる「8ケタ」と呼ばれるステージです。
簡単には到達できる数字ではなく少なくても数年は必要になります。
それでも30代、40代、50代と年を重ねるごとに割合は増えます。

 

30歳だけの数字を見てみます。
30歳の平均貯蓄額をみると328万円という結果になっています。
(詳しいデータはこちら

 

さらに貯金1000万円保有者となってくると全体の6~8%です。
つまり30歳で1000万円持っているのはすごい人だと言えます。

 

超一流企業、特別な技術職、若くして事業を立ち上げて成功した人。
1000万円達成者の職業を見るとそんな顔ぶれが並んでいます。

 

な~んだ、自分には無理じゃん。
しょせん、雲の上の人でしょ。

 

ここまでの話だとそんな結論になりますが、ちょっと待って下さい。
僕は占い師になる前にFPとして働いていた経験があります。
そこでは30代で1000万円保有している方々と面談してきました。

 

その中には事務職のOLさんや年収300万円代の会社員の男性など、
特別なステータスがない人が数多くいらっしゃったのを覚えています。
実際にお会いしてみるとどこにでもいるような普通の人ばかりです。

 

30歳で貯金1000万円を作るためにはどうすればよいのでしょう?
僕は貯金1000万円を達成した方々にアンケートをしてみました。
ここからはそこからわかった3つの共通点をご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

30歳までに貯金1000万!どうすれば貯められる?

 

1、投資

 

1000万円保有者の約8割が何らかの投資を行っていました。
株、投資信託、債券、外貨、先物、金、不動産など対象はそれぞれです。
しかし総じて言えるのは皆さんしっかりと勉強していたという事です。

 

投資というと「損をしそうで怖い」というイメージを持ちがちです。
実際に損をするリスクはあるのでこの指摘は間違いではありません。
それでもやる人がいるのは利益が出るチャンスが大きいからです。

 

国債やインデックスファンドは初心者でも始めやすい投資ですので、
勉強してみるとよいかもしれません。

 

2、目標設定

 

漠然と毎日を過ごしているだけではお金を貯めることはできません。
収入と支出、そして貯蓄をしっかりと把握して管理する必要があります。

 

その際に大切になってくるのが1年~5年スパンでの目標設定です。
「いつまでにいくら貯めたい。そのためにはどうする?」と考えます。
この視点が持てるかどうかが貯金をするうえで欠かせない要素です。

 

キャッシュフロー表などで検索すれば色々とテンプレートが出てきます。
ぜひ行動してみてください。

 

3、副業

 

実はこれが最も強力です。
副業といえば仕事が終わってから深夜のアルバイトなどを連想しますが、
今はインターネットを使った副業のチャンスがゴロゴロ転がっています。

 

オークション、せどり、アフィリエイトなどは年々参入者が増えてます。
投資と同じくある程度の勉強は必要ですが収入を増やすチャンスです。
キャッシュポイントが複数あれば貯金もその分だけ貯まっていきます。

 

会社からの給与収入だけではなく自分で稼ぐ方法を身につけることが、
1000万円達成への近道です。

 

3つのポイントを意識してできることから始めていけるといいですね。
1000万円、応援しています!

 

まとめ

★30歳で貯金1000万円は6~8%しかいない。

★保有者の中には特別なステータスがない人も多い。

★投資、目標設定、副業が貯金1000万のポイント。

 

スポンサードリンク