カップルにとって交際3か月目は

試練のときと言われています。

倦怠期になりやすい理由と、

それを乗り越える方法を特集します。

 

スポンサードリンク

交際期間3か月のカップルが倦怠期になりやすい理由

 

交際3か月というのは昔から1つの節目であると言われています。
占い師をしている僕のところにはよくこんな恋愛相談が寄せられます。

 

「彼氏ができても今まで最高で3か月しか続かないんです」
「もうすぐ付き合って3か月ですが最近ちょっと倦怠期なんです」
「先生、また3か月で振られました。どうしてなんでしょうか?」

 

誰が決めた訳でもないのですが交際期間には節目というものがあります。
1週間、1ヶ月、3か月、半年、1年、3年、5年あたりでしょうか。

 

少し話が変わりますが投資ではアノマリーという言葉をよく使います。
これは根拠はないけれども多くの人がそう思っている現象の事です。
その大衆心理によって相場が一方的な方向に動くのはよくあります。

 

恋愛にも似たようなことが言えます。
先ほどあげた交際期間の節目は多くの人が知っているような内容です。
多くの人が意識したことでそれが真実味を帯びてきたと言えるでしょう。

 

しかしこの節目についてはまったく根拠がないわけではありません。
特に付き合って1ヶ月や3か月、1年といったところはポイントです。

 

付き合ったばかりはドキドキして相手が王子様のように見えるものです。
しかし少しずつ相手のことを理解し始めると色々な面が見えてきます。
悪いところが目について失望してしまうこともあるかもしれません。

 

ドキドキ期が落ち着くとどのカップルにもこの試練の時が訪れます。
その時期として最も多いのが交際3か月目であると僕は感じています。

 

逆に言えば3か月を乗り越えるとその後は順調にいく場合が多いです。
では試練の時期を乗り超えるためにはどうすればよいのでしょうか?
引き続き特集していきます。

 

スポンサードリンク

 

交際3か月の倦怠期を乗り越える方法

 

1、相手のどこが好きかを整理する

 

ドキドキ期が終わると冷静に相手の事を見れるようになると思います。
そこで「自分は相手のどこを好きになったか?」を考えてみて下さい。
容姿がいい、性格がいい、価値観が合うなど何か理由があるはずです。

 

倦怠期になると相手の嫌な部分ばかりが目につきやすいものです。
そこで発想を逆にして相手のいいところを考えると効果があります。
1つだけと言わずにいくつでもノートに書き出してみるのもいいですね。

 

2、相手に悩みを相談してみる

 

あなたが今抱えている不満や悩みをすべて相手に打ち明けてみて下さい。
そのときに相手が真剣に向き合ってくれるかどうかがとても重要です。
今後交際を続けていくうえで何でも話し合える関係でありたいものです。

 

倦怠期はどのカップルでも必ずやってくるもので共通の試練です。
それを乗り越えたカップルの多くは話し合いの時間を大切にしています。
お互いが真剣に今後のことを考えていれば先の長い交際が期待できます。

 

3、会う時間を作る

 

最近はSNSでのやり取りが主流ですが会うことにはかないません。
相手に会って、話して、触れることによって人の感情は動きます。
自分や、もしくは相手の気持ちを確かめたければまずは会うことです。

 

会って話しているうちに頭の中のモヤモヤが解消される場合があります。
2人だけの時間を作ることで普段は言えないことも言えたりもします。
倦怠期を脱する1番の方法はとにかく会う時間を作ることでしょう。

 

いかがでしたでしょうか?
交際3か月の倦怠期の試練を乗り切れば長い付き合いが期待できます。
ぜひここを乗り越えて親愛なるパートナーと幸せになって下さいね。

 

まとめ

★交際3か月目は倦怠期になるカップルが多い。

★ドキドキ期が終わり相手の悪いところが見えてくる時期。

★倦怠期を乗り越えることで長い交際が期待できる。

 

スポンサードリンク

 

【恋愛に関する記事】

浮気男の行動と特徴をチェックテスト!あなたの彼は大丈夫?

デートの誘い方。LINEやメールで確実にOKがもらえる文例集