歯周病は治る?治らない?

糖尿病の前兆ってホント?

歯周病にまつわる様々な疑問を

1つ1つ解決していきます。

 

スポンサードリンク

歯周病の症状と原因について

 

僕は30代に入ってから歯科検診のたびに歯周病予備軍と言われています。
父親が歯周病でもあり自分もいつかはかかる病気なのだと思います。
そこで今回は歯周病という病気について色々な疑問をまとめました。

 

そもそも歯周病とは一体どんな病気でどんな症状が出るのでしょう?

 

歯周病は中高年層の8割以上が発症している国民的な病気です。
臓器と同じで歯も年齢とともにすこしずつ機能が衰えていきます。
歳をとれば自分もいつかはかかると覚悟しておいた方がよいでしょう。

 

歯周病を種類別に分類すると歯肉炎と歯周炎に分けられます。
これらは歯や歯の周りに炎症がおきることで腫れや痛みが出ます。
また噛み合わせが悪いことで口の中が破壊されていく場合もあります。

 

主な症状としては歯の出血や歯肉の腫れ、歯のグラつきがあります。
歯磨きをしたときの出血が最初のサインとしては最も代表的です。
毎回のように出血があるようだと歯肉炎や歯周炎の可能性大です。

 

何もしないでおくと歯垢がたまり口の中が臭くなってしまいます。
それだけではなくそのまま悪化すると最終的には抜歯になります。
異変に気づいたら歯医者さんで処置を受けるのが大切なポイントです。

 

歯周病の原因は何でしょうか?
歯周病は生活習慣病なので日常の生活習慣に大きく影響を受けます。
食事、睡眠、運動とバランスよい生活をすればリスクは減らせます。

 

炎症は歯の力が弱いときにウィルスが進入して発生するとされます。
加齢や不規則な生活はウィルスを呼び込みやすくなってしまいます。
規則正しい生活をすることが歯周病予防には効果があるといえます。

 

スポンサードリンク

 

歯周病の治療方法。知らないと怖い歯磨き粉の落とし穴

 

もしも歯周病にかかってしまったらどう治していけばいいのでしょう?
歯周病は残念ながら一度なってしまうと完治することは少ないです。
治療は進行を遅くしたり症状をやわらげるのを目標に進んでいきます。

 

治療は歯医者さんへいくのも大切ですがさらに重要なのが歯磨きです。
毎日しっかりと歯磨きをして歯垢を取れば歯周病の進行は防げます。

 

ポイントは歯肉にも歯ブラシをあてて汚れを残さないことです。
出血があってもそれは悪い血なので気にしなくても構いません。
むしろ血が出たからといって歯磨きを止めてしまうのが逆効果です。

 

毎日の歯磨きを頑張って定期的に歯医者さんに通って検診をうける。
初期段階の歯周病はこの治療方法が最も多く取り入れられています。
これを継続して行えば抜歯まで悪化するケースはほとんどありません。

 

放っておけばおくほどに治療が難しくなりますので注意が必要です。

 

また歯周病で陥りやすい落とし穴と言われているのが歯磨き粉です。
多くの歯磨き粉には使用後に歯をスッキリさせる成分が含まれています。

 

しかし実際には歯の隅にはまだ歯垢が残っている場合がよくあります。
歯磨き粉を使うとなんとなく磨けた気になりますがこれは要注意です。
歯医者さんの中には歯磨き粉を推奨しない人がいるのもこの理由です。

 

いかがでしたでしょうか。
歯周病は8割以上の人がぶつかることになる国民的な病気です。
しっかりと予備知識を身につけておき適切な備えをしておきましょう。

 

まとめ

★歯周病の症状は出血、歯肉の腫れ、歯のグラつきなど。

★主な原因は加齢による歯の衰え。不規則な生活習慣も。

★歯磨き粉は磨けているような感覚になるので要注意。

 

スポンサードリンク

 

【健康の人気記事ランキング】

1位

風邪を早く治す方法。咳や高熱を長引かせない効果抜群の対処法

2位

花粉症。飛散時期のピークと花粉量。今年はヤバいって本当?

3位

夏風邪の症状は喉の痛みと高熱。クーラーには要注意!