残念ながら我々占い師の中には、

本物と偽物が存在しています。

占い師を選ぶときのポイントを

ご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

ハズレ占い師の判別方法

 

チーム風月の占い師太陽です。
この仕事をしていると相談者様から様々な占い師の方の話を聞きます。
そして残念ながら聞こえてくるのはよくない噂のものばかりです。

 

実際にこの世の中にはすばらしい占い師の先生は存在します。
同じ業界でたくさんの占い師を見てきたので間違いありません。
しかし現実的にはそれ以上に実力がない占い師もいるのが事実です。

 

両者の割合としては2:8、よくて3:7がいいところだと思います。
つまりハズレを引いてしまう確率の方が多いという傾向があります。

 

ここで大切なのは占い師のよい、悪いを判断する基準となる視点です。
当たる、当たらないが最も有名ですがこれは最低基準になります。

 

占い師が人物分析をするのは考えてみれば当たり前の話なのです。
パイロットが飛行機を運転する、教師が生徒に授業をするのと同じです。

 

衝撃的かもしれませんがここで半分以上の占い師が脱落します。
正しい人物鑑定ができない占い師の方が現在の状況では多いのです。

 

ハズレ占い師を判別する特徴として次のような項目が挙げられます。

 

⚫️相談者があれ??と思っても話を無理やり進める。
⚫️相談者の話を聞かずに一方的な鑑定をする。
⚫️肩書きや実績を強調してくる。

 

こんな占い師に出会ったら時間のムダですので退席した方がいいです。
実は以前に新宿駅近くの手相占いにお忍びで行ったことがあります。
そのときはあまりの当たらなさに3分で席を立ったのを覚えています。

 

時間は限りあるものですので有効に使って頂ければと思います。

 

スポンサードリンク

 

よい占い師の条件とは?

 

よい占い師の条件といえば占いがよく当たることでしょうか?
私たちチーム風月の考え方ではこの答えは正しくはありません。

 

先ほども書きましたが占い師として占いが当たるのは当たり前です。
様々な占術がありますがこの考え方はどれにも共通しています。

 

では口コミがよい有名な占い師はよい占い師と言えるのでしょうか?
口コミの力はかなり強力であり下手な占い師に人は集まりません。
しかし判断基準が他人の見方に左右されるという欠点があります。

 

私たちチーム風月はよい占い師の条件として次のように考えています。

 

☆相談者の話をよく聞く。
☆相談者の悩みを把握する。
☆正しい鑑定ができる。
☆鑑定結果をもとにして具体的なアドバイスができる。

 

特に最後の1つが重要でこれができる占い師は力があると言えます。
一般社会でも相手の話を聞いてニーズを掴むことは大切だと思います。

 

残念なことに実際に会わなければ判別が難しいのがデメリットです。
しかし判断基準として知っておくと役に立つことが多いと思います。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ

★占い師には当たりハズレがある。

★一方的な占い師はハズレが多い。

★具体的かつ適切なアドバイスをくれる占い師は信頼できる。

 

スポンサードリンク