(続き)2月ランキング 2ページ目

前ページに引き続きまして

2月と言えばランキングの

いよいよ第1位を発表です。

あの伝統行事でした。

 

2月と言えばランキング。第1位は?

 

第1位 節分、豆まき 238人

 

ni5 (続き)2月ランキング 2ページ目

 

「伝統があるしみんな節分を知っているので」(60代女性)
「2月始まってすぐにあるのでそりゃ意識する」(50代男性)
「鬼はそと、福はうち、子供たちも大好きです」(30代女性)

 

1位は節分、豆まきでした。
小さな頃から日本の伝統文化として行われてきた節分の豆まき。
悪いものは外へ追い出し、よいものは中へ取りこむ意味があります。

 

スーパーなどでは節分前に豆と鬼のお面のセットが売り出されます。
各家庭ではパパが鬼のお面をかぶり子どもたちに豆をぶつけられる。
ちょっとパパは可哀想ですがそんな光景が日本では代々見られます。

 

子供から大人まですべての人に関わりがある行事ということもあり、
今回の調査では見事トップでした。
月初めというのもポイントですね。

 

スポンサードリンク

 

ランキングの総括

 

ランキングの結果を振り返ります。

 

≪2月といえばランキング≫

1位 節分、豆まき   238人
2位 バレンタインデー 193人
3位 雪、大雪     83人
4位 さっぽろ雪まつり 75人
5位 確定申告     54人

 

節分とバレンタインデーという2月の二大イベントがその強さを発揮。
3位・4位には「雪」が付くものがランクインしたのも目立ちました。
世間一般の人々は2月と聞くとこれらのキーワードを連想するようです。

 

また他の月と比べて世代や地域でばらつきがあったのも特徴的でした。
年配層は節分、若い世代はバレンタイン、北海道民は雪まつりなどです。

 

少し意外だったのは28日間という短さがランク外だった事でしょうか。
他の月にはない2月特有のものでしたが回答者は10人以下でした。

 

では最後に少数回答シリーズです。
いくつか取り上げてみますね。

 

・奇跡の29日:オリンピックがある年は29日があります。
・鬼退治バスツアー:全国各地の鬼をやっつけるツアーとのこと。
・ちくわ:豆の代わりにちくわを投げるところがあるってホント?!

 

節分は地方によっていろいろなやり方があると聞いたことがあります。
がしかし、、、!豆の代わりに“ちくわ”を投げるというのは初耳です!

 

鬼にちくわを投げるんでしょうか。
あんまり痛くなさそうですが(笑)

 

それではまた次回!

 

まとめ

★2月といえば何?を1000人にアンケート調査。

★ベスト3は節分、バレンタイン、雪。

★豆の代わりにちくわを投げる地域があるらしい?!

 

スポンサードリンク

 

【○月と言えばランキングシリーズ】

1月   2月   3月

4月   5月   6月

7月   8月   9月

10月  11月  12月