新しい祝日ができるって本当?

山の日って8月のいつなの?

誕生した経緯からその理由まで

詳しく解説していきます。

 

スポンサードリンク

8月に新しい祝日が誕生!

 

2016年から新しい祝日ができます。
「山の日」という名称で8月11日が今後は毎年祝日になります。

 

僕は2016年度の新しい手帳を買って初めてこの変更を知りました。
8月11日がなぜか赤い日になっているので何事かと驚きましたが、
騒いでいたのは自分一人で周りはもう知っている人がほとんどでした。

 

山の日は当初6月に祝日として組み込まれる予定だったそうです。
なぜならば6月の第一日曜日には山開きの日というものがあります。
登山家たちの間でとても親しまれている日でイベントも開催されます。

 

「いやいや、祝日は8月のお盆休み近辺の方が観光産業が賑わうよ」

 

こんな意見が出たことから6月ではなく8月になったとされています。
実は一年の中で祝日がない月というのが6月と8月しかありません。

 

それを考えると6月に山の日でよかったような気もしてきます。
8月は太陽の日や、夏の日、空の日なんて作ればよさそうですが。。

 

山の日ができたことで年間の祝日数は合計で16日になりました。
また1年のなかで祝日がない月はこれで6月のみという事になります。

 

この流れでいくと近いおちに6月にも祝日ができるかもしれません。
「梅雨の日」とかになるんでしょうか、、、ちょっと嫌ですね(笑)

 

山の日に話題を戻します。
どうしてこのタイミングで山の日を新しく作ったのか不思議です。
ここからは山の日誕生までの経緯とその由来についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

山の日が制定された由来

 

海の日の制定からちょうど20年。
新たに山の日が祝日になりました。

 

実は山の日の祝日化は山岳協会などがずっと要望していました。

 

山に感謝を!自然を愛そう!

 

こんなキャッチフレーズで強く祝日化のアピールをしていましたが、
正直なところ海の日があるならば山の日も作れっていうことですよね。

 

現在の政府は夕活や有休休暇の取得する政策に力を入れています。
日本人は働きすぎで家族と過ごせる時間が少ないという批判があり、
そういった意味でも祝日を増やすという風潮が強まってきました。

 

そこで山の日制定協議会を設立し協議を重ね今回の実施となりました。
政府は山の日に込められた意味をこのような表現で説明しています。

 

山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する

 

難しい言葉を使っていますが要するに山に感謝しましょうという日です。
水や紙、木材などは山から頂いている自然の恵みだと言えます。
山がなければ私たちの生活は成り立たないのでとても重要な存在です。

 

8月11日は1揃いで木が並ぶイメージを意識していると言います。
海にせよ山にせよ1年に1度くらいは自然に感謝する日というのが、
あってもよいのかもしれません。

 

山の日だから山にいこうぜー!
みたいなことになって今年は山が大混雑したりするのでしょうか?

 

どうなるのかちょっと楽しみです。

 

まとめ

★山の日は8月11日。

★2016年から祝日になって以降は毎年祝日。

★山の恩恵に感謝するという意味合いがある。

 

スポンサードリンク

 

【夏の気になる話題ランキング】

1位

2016年夏の暑さはどのくらい?記録的な猛暑ってホント??

2位

24時間テレビ。観覧チケットの当選率を10倍にするテクニック

3位

UGOKAS(ウゴカス)お台場豊洲の混雑状況と口コミ&感想レポート