飯島三智マネージャーの退社で

SMAPの4人に独立報道です。

解散の理由と詳しい経緯について

特集記事で取り上げていきます。

 

スポンサードリンク

SMAP解散へ?!

 

2016年1月、目を疑いたくなるニュースが飛び込んできました。
日本を代表する国民的なアイドルグループSMAPの解散報道です。

 

キムタクこと木村拓哉さん以外はジャニーズ事務所を退社して独立。
SMAPというグループ名はジャニーズ事務所側に所有権があるので、
独立した4人は今後SMAPを名乗ることはできなくなります。

 

つまり5人のSMAPとしては今後活動していくことができません。
事実上の解散です。

 

そうなると人気番組SMAP×SMAPも今後の存続が難しくなり、
SMAPとして出演しているUSJのCMも廃止になるかもしれません。

 

そして何よりも5人でライブをすることが今後はできなくなります。
「世界に1つだけの花」などの名曲があるだけにこれは残念ですね。
SMAPを長く応援してきたファンにとっては大ショックでしょう。

 

5人はTVや舞台でソロとしても活動しておりそちらは全員順調です。
“じゃあ独立しても大丈夫じゃない?”と思いますがそれは違います。

 

ジャニーズ事務所の力は強力で各メディアとの結びつきは深いです。
視聴率を取れるアイドルが多いのでテレビ局は頭が上がりません。

 

ジャニーズ事務所を敵に回せばテレビは成り立たないと噂される程です。
2015年の紅白で近藤真彦さんがトリを務めたのがよい例ですね。
鶴の一声ではないですがそれくらいの発信力があると言えるでしょう。

 

独立を希望する4人がジャニーズを辞めれば他の事務所に移ります。
ジャニーズから独立すれば活動の範囲が狭くなるのは間違いありません。
最悪の場合、つぶし合いになる事だってあり得ない話ではないでしょう。

 

そもそもなぜこのような解散報道になってしまったのでしょうか?
詳しい経緯をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

SMAP解散の理由はジャニーズ事務所の内紛劇か?

 

SMAPにはデビュー当時から親交があるマネージャーがいます。
それが飯島三智さんという女性で彼女のこれまでのマネジメントが、
SMAPをトップスターに成長させたとすら言われている人物です。

 

そんな飯島さんは以前からジャニー喜多川さんや藤島ジュリーさんらと、
不仲説が伝えられておりジャニーズ事務所を退社する噂がありました。

 

そしてついに退社の決断をします。
5人のメンバーたちはそれぞれどちらかの選択を迫られる事になります。

 

1、“SMAPの生みの親である”飯島さんと行動を共にするか?

2、長年所属しているジャニーズ事務所に残るか?

 

結果的に1を選んだのが中居正広、草彅剛、稲垣吾郎、香取慎吾の4人。
2の残留を選んだのが木村拓哉であると報道では伝えられています。
一方で現在は協議中であることからこの図は変わる可能性があります。

 

芸能界のキャリアが長い40代の男が悩んだ末に決断したことです。
解散しても応援し続けると言ってあげるのがベストなのかもしれません。

 

しかし納得いかない部分もあります。
それはファンの目線です。

 

SMAPは今年デビュー25周年を迎えるほど長いキャリアがあります。
古いファンも多く10年以上もライブに通う方も珍しくありません。

 

そんなファンの思いは事務所の内紛劇で打ち砕かれてしまうわけです。
本人たちにとっては深刻でもファンから見れば内輪もめに過ぎません。
少なくても僕個人としてこの解散理由には納得できませんでした。

 

それでけではありません。
ジャニーズ事務所の内紛劇はSMAP以外のタレントたちにも波及し、
あの嵐にも解散の噂が出てきました。

 

次ページに続きます。

 

⇒2ページ目に進む

 

ページ 1 

 

スポンサードリンク