東京~新函館北斗までのルートで

北海道新幹線が開通します。

停車駅から安く乗る方法まで

詳しく特集していきます。

 

スポンサードリンク

北海道新幹線の停車駅は?

 

北海道新幹線がいよいよ3月26日から運行スタートになります。
これまで新幹線とは縁がなかった北海道についに新幹線が開通します。

 

今後は東京~新函館北斗間を最速4時間2分で行けるようになります。
長期的にはルートを伸ばして東京~札幌間にする計画もあるようです。

 

運行初日の1番列車の切符はわずか25秒で完売する人気ぶりでした。
最近の移動手段としては時間が早い飛行機が主流になりつつありますが、
新幹線人気もまだまだ健在ですね。

 

詳しい停車駅は次の通りです。

 

【北海道新幹線の停車駅】

東京

上野

大宮

仙台

盛岡

新青森

奥津軽いまべつ

木古内

新函館北斗

 

東北新幹線の終点が新青森でしたのでそこから先が新駅になります。
新幹線の停車駅になった事で地元では大いに盛り上がっているようです。

 

また北海道新幹線には「はやぶさ」と「はやて」の2種類があります。
ルートはこのようになっています。

 

●「はやぶさ」・・・東京~新函館北斗の運行
●「はやて」・・・盛岡~新函館北斗の運行

 

次に気になるのは料金ですね。
引き続きチェックしていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

北海道新幹線の料金は?割引で安く乗る方法は?

 

北海道新幹線の各区間の料金についてはこちらの表をご覧ください。

 

⇒北海道新幹線の料金表へ

 

始発の東京から終点の新函館北斗までの料金は22690円です。
これは他の新幹線と同距離で比較したときで最も高額になります。
そのことから“日本一高い新幹線”として噂が先行しています。

 

北海道新幹線の料金が高額になっているのは仕方がない事情があります。
青函トンネルは老朽化が進んでおり今回大々的な工事を実施しました。
今後の維持管理費用も膨大な金額が必要になると試算されています。

 

1度は乗ってみたい!

でも料金が高いから・・・。

 

安心してください!(笑)
北海道新幹線の料金が大きく割引になるいくつかの方法があります。

 

まずはJR東日本が販売する「スーパーモバイルスイカ特急券」です。
東京から新函館北斗までが15460円(通常は22690円)になります。
約7200円近くも安くなるのでこれは利用しない手はありませんよね。

 

JR北海道からは「北海道お先にネットきっぷ」が販売されています。
新函館北斗から東京までが17010円(通常は22690円)で乗れます。
こちらも約5600円安くなりますのでだいぶハードルが下がります。

 

往復での割引額を合計すると12800円にもなるのでかなりの額です。
ただしインターネットのみでの販売になるので注意して下さい。

 

また旅行会社が企画しているツアーを利用するのも一つの手です。
団体割引が適用されるのでさらに格安料金で乗ることができます。

 

いよいよ開通する北海道新幹線。
スタートが待ち遠しいですね。

 

まとめ

★北海道新幹線のルートは東京~新函館北斗。

★日本の新幹線の中では料金が1番高い。

★割引切符は知らないと損!5600~7200円の値引きも。

 

スポンサードリンク

 

【知っておくと得するニュース】

ふるさと納税はこんなにお得!

⇒ふるさと納税でお米をもらおう。送料無料で国産コシヒカリが60kg★