一度電話するととにかく話が長い。

そういう人っていますよね。

長電話を終わらせる上手な切り方を

今回はまとめてみました。

 

スポンサードリンク

長電話の後にグッタリしてませんか?

 

あなたは今までに電話でこんな経験をしたことがありませんか?

 

うわ!あの人から着信来た!
今日も1時間コースかな・・・。
でも出るしかないよね(-o-;)

もしもし・・・。
あ、どうも・・・。

(1時間後)
ようやく終わったー!
でもなんかもうグッタリ。
何もやる気が起きないわ~。

 

これは長電話の話です。
電話で話し始めると話が終わらない人ってどこにでもいるんですよね。
しかも本人にはほとんど自覚がないというのだからもうお手上げです。

 

長電話は女性に多いですが男性の中にも長電話が好きな人はいます。
ラブラブなカップルならば長電話もお互いに楽しいかもしれませんが、
相手が仕事関係だったり親戚・友人であるとそうはいきません。

 

建前上、無視するわけにはいきませんので電話に出て話をします。
「そろそろ切りたいな」とこちらが思ったときには相手は絶好調です。
切りたいオーラを察するどころか次々に新しい話を切り出してきます。

 

このような長電話をする相手に共通して当てはまる法則があります。
それは相手は「満足するまで電話を切らない」ということです。

 

相手が満足する基準はどのくらいの通話時間かは人によって違いますが、
2時間や3時間は当たり前の感覚でいるという事は知っておくべきです。

 

ちなみに私は5分間話しただけでもう十分満足してしまうタイプです。
2時間、3時間も電話で話したら嫌すぎて意識を失うかもしれません。

 

そうなると長電話に持ち込まれたときの対処法が必要になってきます。
そこで効果があると言われている電話の切り方をピックアップしました。

 

スポンサードリンク

 

長電話の上手な切り方。話を途中で終わらせたい時はどうすればいい?

 

長電話は苦手だけど相手に悪気はないし嫌な思いをさせたくない。
でも長電話に付き合って予定が狂ったり次の日に支障が出るのもキツイ。

 

この葛藤は実に難しいところです。
相手に嫌な思いをさせずにスムーズに電話を切れるのが理想ですよね。
そんなときに効果抜群のよい方法がありますのでご紹介します。

 

「~時まで」作戦

(使用例)

・17時に人が来る
・10時に出かける用事がある。
・21時までと親に言われている

 

自然な形で電話を終わらせるために最も効果的で成功率が高い方法です。
あらかじめ「~時まで」と相手に自分の次の予定を伝えておくことで、
その時間になったらスムーズに電話が切れるように環境を整えます。

 

「ごめんなさい。〇〇する時間になっちゃったので電話切りますね」
時間が来たらはっきりとそう伝えれば相手も納得するしかありません。
さらに“仕方がない感”を演出する事でわだかまりも残りにくいです。

 

これを数回使うと相手からの電話の回数が自然と減っていきます。
“あの子は忙しい”と相手に思わせることができればこっちのもの。
長電話で悩んでいたのがウソのように小さく感じられるでしょう。

 

最後に注意点があります。
長電話を切る方法のなかにはやってはいけないNGがあります。

 

san3 長電話の上手な切り方。話を途中で終わらせたい時はどうすればいい?

 

≪言ってはいけないNG集≫

●「充電が切れた」と言う
⇒充電器つなぎながら電話すればいいじゃん!と返される。

●「長話をしてしまってすみません」とこちらから切り出す。
⇒全然話したりなりないし私は全然平気だよ!と返される。

 

最悪の場合は相手の事を「私となんて話したくないんでしょ!」と、
一方的に怒らせてしまう危険性があるので下手な言い訳は要注意です。

 

これからも付き合いが続く相手であれば良好な関係を継続したいもの。
短い時間で濃い話ができるようにこちら側から誘導していきましょう。

 

まとめ

★長話が好きな人は2時間、3時間は電話するのが普通の感覚。

★「~時まで」作戦は自然な形で電話を終わらせられる可能性大。

★下手な言い訳をすると相手を怒らせてしまうので要注意。

 

スポンサードリンク

 

【電話にまつわる気になる話題】

女性の方は必見です★

⇒好きな人との電話で男性の印象が抜群によくなる3つのテクニック

 

男性心理の裏側を暴露します。

⇒好きな人からのLINE。男性が見せる脈ありサインはズバリこれ!