くしゃみと鼻水が止まらない!

妊娠中だから薬も飲めないし、

どうすればいいんだろう・・・?

そんな時の対処方法をまとめました。

 

スポンサードリンク

くしゃみと鼻水がとにかく辛い!

 

妊娠中にくしゃみと鼻水が止まらなくなるのには必ず原因があります。
風邪以外でもアレルギーを持っている人であれば花粉症の場合もあり、
「妊娠性鼻炎」と言って妊娠後に突然鼻炎にかかるケースもあります。

 

私の場合は花粉症で特にくしゃみと鼻水にはひどく苦しめられました。
くしゃみと鼻水が続くと今度は頭痛がして何も手につかなくなります。

 

ただでさえつわりの症状で気持ち悪いのにくしゃみと鼻水が加わります。
さらに私は通勤が満員電車だったのでもう本当にグッタリでした。
花粉がピークを迎える3月、4月は妊娠中で一番辛かった時期です。

 

なお妊娠を示す超初期症状としてくしゃみと鼻水が出る場合があります。
この場合は一時的でいずれ改善するので今回のテーマからは外します。

 

では妊娠初期にくしゃみと鼻水が止まらなくなってしまった場合には、
どうすればよいのでしょうか?
まずは薬について考えてみます。

 

辛い時は薬を飲んでも大丈夫?

 

風邪をひいたら薬を飲みます。
花粉症でも薬を飲みます。
これが一般的な考えですよね。

 

では妊娠中にくしゃみと鼻水がひどい場合の服用はどうでしょうか?
この答えは原則的には「NG」です。

 

妊娠初期はお腹の中にいる赤ちゃんの臓器や器官が作られる時期です。
この時期に薬を飲むとその影響で発達に異常が出る可能性があります。

 

特に即効性がある強い薬は厳禁です。
くしゃみと鼻水の症状を緩和する薬の多くは即効性があるものです。
そのため病院に行ってもよほどの場合ではない限り薬は処方されません。

 

妊娠中期~後期になれば胎児の臓器も完成されるので薬も使用できます。
ただしその場合も医師の指示に従ってあくまでも最低限の量にします。

 

薬が使えないとするとひたすら症状に耐えるしかないのでしょうか?
症状がきついのに何にもできないのは悪化する一方で辛いですよね。
ここからは私が実際にやって効果があった対処方法をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

妊娠初期にくしゃみと鼻水が止まらない時の対処方法

 

1、 鼻を温める

鼻を温めることで一時的ではありますが鼻の通りがだいぶよくなります。
温かいタオルを鼻に乗せたり、お風呂にゆっくり入るのはいい方法です。
鼻をかみすぎると鼻の下がヒリヒリするような場合も温めるとよいです。

 

2、空気清浄器をつけてとにかく寝る

睡眠は体力回復にはベストです。
鼻炎は外に出れば確実に悪化するので家から出ない方がいいでしょう。
空気清浄器をMAXにして可能な限り睡眠をとるようにしましょう。

 

3、花粉症がひどい場合はレーザー治療を

レーザー治療は鼻の粘膜にレーザーを当てることで症状を緩和します。
花粉症のシーズン前に治療を行う必要がありますが効果は絶大です。
知人の妊婦もこれを事前にしたことで辛い時期を乗り越えられました。

 

薬は飲めませんが3つの対処方法をやるだけでだいぶ楽になります。
鼻水とくしゃみの症状が止まらない場合にはぜひ試してみて下さい。

 

まとめ

★まずはくしゃみと鼻水の原因を知ることが最優先。

★妊娠初期は原則として薬は飲めない。

★鼻を温める、空気清浄器と睡眠、レーザー治療の3つは効果あり。

 

スポンサードリンク

 

【妊娠初期の関連記事】

動悸で悩んでいる方へ

⇒妊娠初期の動悸と息苦しさを改善する5つの対処方法

 

妊娠初期の腹痛には要注意

⇒妊娠初期の流産は兆候として腹痛に要注意。こんなサインはすぐ受診!