月々の携帯料金が高い・・・。

そんな悩みを持つ方へ向けて

料金が半額以下になる方法を

まとめてご紹介します。

 

スポンサードリンク

月々の携帯代金が痛い(>_<)

 

あなたは携帯電話の料金を毎月どれくらい払っていますか?
今はデータ通信料だけでも5000円ぐらい取られてしまうので、
7000円~9000円が多く1万円以上払っている人もいます。

 

いわゆる三大キャリアであるdocomo、au、softbankの場合は、
普通にネットを使ってちょっと通話をすれば軽く1万を越えます。

 

私はauユーザーでしたが請求額が毎月のように1万円以上でした。
この出費は痛いなと感じながらもiphoneが気に入っていたので、
仕方ない事だと諦めてきました。

 

でももし電話料金が半額にできるならばこれほど嬉しい事はありません。
少しでも安くしようとauや他の会社のキャンペーンをみましたが、
大手キャリアのiphoneが半額以下というのは見つかりませんでした。

 

単純に安さだけを求めたいのであれば「格安スマホ」があります。
楽天やDMMなどがオリジナル商品を出すことで勝負していますが、
いくつか不便な点があります。

 

格安スマホのメリット、デメリット

 

≪メリット≫

○月々の携帯料金がとにかく安い。平均3000円前後。

≪デメリット≫

●使える機種が限定されてしまう。
●3大キャリアと比べてデータ通信が不安定になりやすい。
●3大キャリアと比べて店舗が少なくサポートが弱い。

 

安さが売りの格安スマホですがその分、不便に感じることも多いです。
SIMカードの入れ替えをすればiphoneでも使えるようになりますが、
データ通信の接続がかなり不安定になりフリーズする事もしばしば。

 

通信速度で比べると3大キャリアと格安スマホは大きな差があります。
サクサクとネット接続をしたい人にとってはかなりのストレスです。
私も実際にネット通信をやらせてもらいましたが驚くほどの遅さでした。

 

理想は安くて通信速度が速くてサポートが充実していることでしょう。
できるならば使用する機種についてもiphoneを使用したいところです。

 

そんなワガママな私の願いをかなえる方法が1つだけありました。

 

スポンサードリンク

 

Ymobile(ワイモバイル)の登場

 

三大キャリアの1つSoftbankはyahooと業務提携をしています。
そのyahooが主となってymobile(ワイモバイル)という携帯会社を、
新しく作ったのをご存知でしょうか。

 

電波はソフトバンクのものを使うのでデータ通信は安定感抜群です。
また格安スマホ会社としては初めてiphone5sを取り扱っています。
SIMカードの移動も必要ありませんので面倒な手間もかかりません。

 

そしてymobileショップは全国に1000店舗規模で存在します。
全国各地にあるので困ったときのサポート体制も安心できます。

 

≪ymobileの特徴≫

★料金が大手キャリアの半額以下。
★ソフトバンク回線仕様でデータ通信は安定。
★SIMカードの入替なしでiphone5が使える。

 

格安スマホのデメリットを見事にカバーすることに成功しています。
iphone5sは少し型が古いとはいえ使用上はまったく問題ありません。

 

気になるのは料金ですね。
私の実際のケースでご紹介します。

 

携帯料金を安くする方法。ドコモやauならば半額以下に!

 

私はauを解約してからymobileに子供名義で新規契約しました。
この理由はymobileには学割があり25歳以下であれば適用可能で、
1年間1000円引きとデータ通信量が2倍になる特典があります。

 

契約内容は次の通りです。

 

ip2 携帯料金を安くする方法。ドコモやauならこの方法で半額以下に!

 

機種:iphone5s 16GB
プラン:スマホプランM
割引:ワンキュッパ学割
通信料上限:6GB

 

【料金】
スマホプランM:3980円
機種分割代金:実質毎月540円

3980円+540円=4520円

学割分(1000円)を引きます。

4520円-1000円=3520円
3520円×1.08(消費税)=3801円

月々の支払額・・・3801円

 

10000円⇒3800円

 

このようにワイモバイルで大きく料金を下げることに成功しました!
この値段でiphone5sが持てて通信スピードも速いので大満足です。

 

またymobileでは10分間以内の通話であれば通話料はかかりません。
月300回までという制限はありますが十分に余裕があると思います。

 

ドコモやauからMNPをする場合には学割の目玉の1つでもある
「データ通信量が2倍になる」特典が2年間ずっとついてきます。

 

携帯料金を安くする方法としてはかなり優秀なのではないでしょうか?
ぜひ参考にしてみて下さい。

 

まとめ

★大手キャリアだと携帯代で10000円を超える事も多い。

★ワイモバイルにしたこと携帯料金が半額以下に。

★ワイモバイルならば通話料も10分以内ならかからない。

 

スポンサードリンク

 

【お金に関する関連記事】

貯金が貯まるようになるコツは?

⇒貯金のコツは主婦にあり。上手に賢く楽しくお金が貯まるテクニック

 

実際の家計簿を公開しています!

⇒貯金の仕方教えます☆手取り20万円で毎月5万円貯める家計簿