夏は熱中症に要注意ですが、

もう1つ怖いものがあります。

それが冷房病(クーラー病)です。

詳しく特集していきます。

 

スポンサードリンク

冷房病とは?症状と原因を詳しく解説

 

冷房病とはクーラーの当たりすぎによる体の変化のことを言います。
最近増えている現代病で仕事をしている女性に多いのが特徴です。

 

夏のオフィスはエアコンを1日中つけているところがほとんどです。
熱中症予防には効果がありますがそこには思わぬ弊害も潜んでいます。

 

まず1日中冷房に当たっていると体の体温調節がうまくいきません。
特にエアコンの設定温度を下げれば下げるほど外気との気温差が広がり、
外に出た時にそのギャップに体がついていけず、体調に異変が出ます。

 

具体的にはこんな症状です。

 

ku1 冷房病(クーラー病)の症状と原因、対策方法。頭痛と鼻水に要注意!

 

【冷房病の主な症状】

・頭痛
・目まい
・寒気
・鼻水
・関節痛
・腹痛
・吐き気
・咳
・下痢
・発熱

 

症状には個人差がありますがおおむね風邪と同じような感じです。
冷房病には「慢性化して治りにくい」という代表的な特徴があります。

 

原因がクーラーの当たりすぎと外気との温度差にあるのですから、
この部分が改善されない以上は上手に付き合っていくしかありません。

 

暑がりな男性社員ばかりでエアコンの設定温度が常に低い場合などは、
冷房病になりやすい環境と言えます。

 

冷房病の予防、対策方法は?

 

冷房病の直接的な対策は冷房をなるべくつけないようにするか、
設定温度を28度ぐらいの高めに設定することが最も効果的です。

 

症状がすでに出てしまっているようであれば病院で薬をもらって、
対処療法として治療を行います。

 

予防方法としては第1に体を冷やさないようにすることが大切です。
ブランケットやひざ掛けを用意するなど体温維持を心がけましょう。

 

また体調不良をさらに加速させてしまうのが不規則な食事です。
夏バテで主食を摂らず冷たいアイスのようなものばかりを食べていると、
エネルギー不足になり冷房病の症状はどんどん深刻化してしまいます。

 

冷房病は風邪と同じように放置しておくとどんどん悪くなってしまい、
ひどい場合は肺炎や胃腸炎になって寝込んでしまう事になりかねません。

 

特に気を付けなければいけない症状が「頭痛」と「鼻水」です。
詳しく取り上げます。

 

スポンサードリンク

 

頭痛と鼻水には要注意!

 

頭痛は体温調節機能がうまく働かなくなった時に起きやすい症状で、
適切な処置をしなければその後は慢性的な頭痛に悩まされます。

 

慢性的な頭痛に悩まされている女性は多く治りずらいのも特徴です。
冷房病がきっかけで頭痛持ちになってしまうことも多いので要注意です。

 

もう1つ注意したいのが鼻水です。
鼻水は風邪の初期サインでいち早く体の変化を知ることができます。
鼻水が続くような場合には早めに病院で薬をもらうようにしましょう。

 

冷房病は防ぎづらい病気です。
暑いときにはクーラーに頼りたくなりますし熱中症対策にもなります。
そうなるとクーラーとの上手な付き合い方を考えるしかありません。

 

体温調節と食事をきちんと行って免疫力を維持することが大切です。
早め早めの対策を心がけて下さい。

 

まとめ

★冷房病とはクーラーの当たりすぎによる体の異変。

★症状は風邪と似ており、鼻水と頭痛は要注意サイン。

★対策方法は体温調節と規則的な食事。

 

スポンサードリンク

 

【関連記事はこちらです】

2016年の夏風邪の症状は喉の痛みと高熱。クーラーには要注意!

風邪を早く治す方法。咳や高熱を長引かせない効果抜群の対処法

鼻水が止まらない!透明と黄色、状況に合わせた効果的な対策方法