2016年も毎年恒例となっている

吉祥寺秋祭りが開催されます。

行く前に知っておくと役立つ情報を

私の体験談からレポートします。

 

スポンサードリンク

日程と場所、アクセスや駐車場について

 

吉祥寺秋祭りは1973年から40年以上続いている伝統的なお祭りです。
武蔵野八幡宮、吉祥寺駅周辺エリアを中心に街全体が盛り上がります。

 

街の中心であるサンロードを大きな神輿が横断する光景は圧巻で、
年に1度の最大のお祭りとして地域の人からも親しまれています。

 

詳細は以下の通りです。

 

ki1 吉祥寺秋祭り感想レポート。屋台の出店場所と時間は要チェック!

 

吉祥寺秋祭り

日程:9月の第2土曜日、日曜日
(2016年は9月10日、11日)

場所:武蔵野八幡宮
吉祥寺駅北口周辺

時間:日中のみ開催

※雨天の場合は中止となります。

 

電車であれば吉祥寺駅北口を一歩出れば大勢の人で賑わっているので
場所で迷う事はないと思います。
サンロードや平和通りには出店も多く出ており見どころの1つです。

 

車で行く場合は駐車場の数が少なくどこもすぐに埋まってしまいます。
私も1度だけ車で行きましたが駐車場を探すのに約1時間かかった上に、
10分100円の高い駐車料金を支払うことになり散々な目に遭いました。

 

お祭りに出かける場合は車よりも電車で行くことをおすすめします。

 

屋台の出店場所と時間は要チェック!

 

屋台はあちらこちらに出ています。
種類も豊富で何でも揃っています。

 

ただし1つだけ注意点があります。

 

私は初めてお祭りに行ったときは駅の南口から外に出ました。
南口には井の頭公園などがありこちらにもかなり多くの人がいます。

 

でもほとんど縁日や屋台が出ていなかったので不思議に思いました。
後から分かったのですがメイン会場となるのは吉祥寺駅の北口周辺で、
駅の南口から井の頭公園のエリアには屋台はあまり出ていません。

 

私がそれに気づいたのがだいぶ遅く夕方位に北口に戻った頃には、
すでに店じまいをしている屋台がほとんどという悲しい状況でした。

 

ツイッタ―でめちゃくちゃ美味しいと噂のお好み焼き屋さんの屋台も、
すでに完売してしまって食べ損ねてしまいがっかりでした(>_<)

 

メイン会場である武蔵野八幡宮は夜遅くなっても屋台は出ていますが、
それ以外の沿道に出ている屋台は夕方には片付け準備をします。
屋台巡りを楽しみにしている方は早めに回られた方がいいと思います。

 

スポンサードリンク

 

吉祥寺夏祭りの感想レポート

 

私はこれまでに2014年、2015年と2回参加したことがあります。
最初はあまりの人の多さに驚きただ人混みに埋もれていました。

 

特に初めて行ったときは小さな子供を連れてのベビーカーでした。
前に進むのにも一苦労で周りからは冷たい視線を浴びました。
私がきちんと計画を立てていなかったことから招いたミスでした。

 

吉祥寺の街はとても楽しいです。
井の頭公園もあるのでむしろ子供連れはそっちがいいかもしれません。
公園は大きな池がありボートも借りれるのでカップルにもおススメです。

 

少し遊んだあとに、、、
「ちょっとお祭りを見に行ってみようか?」というのがGOOD♪
ストレスも感じなくて済みますしこれくらいの気持ちの方が楽です。

 

最初行ったときにはメインの場所をすべてまわる事を考えていました。
でもそれは他の多くの人も同じことを考えており大混雑になります。

 

だからこそお祭り以外の吉祥寺にも目を向けてみるとよいと思います。
ぜひ参考にしてみて下さい。

 

まとめ

★車は駐車場がないのでNG。行くときは電車で。

★屋台は北口がメインなので要注意。夕方には店仕舞いする。

★吉祥寺には見どころがたくさんあるので色々回るのがよい。

 

スポンサードリンク

 

【関連記事】

秋といえば何でしょうか?

⇒秋といえばランキング。1000人アンケート調査の結果を発表!