真夏は最高気温がぐんと上がり、

40度近くなる場所もあります。

夏バテ対策に効果がある食事を

詳しくご紹介します。

 

スポンサードリンク

夏バテの症状は?

 

なんだか最近疲れ気味だなあ。
もしかして夏バテ??

 

夏の暑さは体力を奪うもの。
日本人の3人に1人が猛暑で夏バテを体感したことがあるそうです。
同じ通勤や通学でも暑いときだと疲労度も倍になる気がします。

 

具体的に夏バテとはこんな症状です。

 

【夏バテの主な症状】

・食欲がない
・体がだるい
・頭痛
・下痢
・吐き気
・胃痛
・発熱
・めまい
・息切れ

 

脱水症状や栄養不足になるとこういった症状が出やすくなります。
またエアコンによる室内外の温度差で自律神経のバランスを崩すと、
同様の症状が出る原因となります。

 

夏バテ状態が続くと体力や免疫力が低下し夏風邪になりやすくなります。
そうならないためには日頃から夏バテ対策をしておくのが大切です。

 

夏バテ対策は食事がポイント!

 

su1 夏バテ対策は食事がポイント!吐き気や下痢、胃痛を防ぐ食べ物とは?

 

夏バテ対策は第一に水分補給です。
水分が体内からなくなると体力が奪われて免疫力が著しく低下します。
夏場に多い熱中症対策にもなりますので給水はこまめに取って下さい。

 

そして次に大切なのが食事です。
日本には「土用の丑の日」にうなぎを食べる習慣がありますが、
これは昔から夏バテ防止に効果があるという言い伝えがあるからです。

 

暑いときは主食を食べず冷たいものばかりを欲してしまうもの。
しかしこれを続けると栄養不足に陥り夏バテが起きる原因となります。

 

主食にはうなぎやニンニク料理などスタミナがつく料理がベスト。
あとはレバーや豆類、豚肉はビタミンやミネラルが豊富で栄養満点です。
いよかんやグレープフルーツなどの柑橘類も食べやすくおすすめです。

 

あまり食欲がないときには野菜を多く摂るようにするとよいでしょう。
きゅうりの味噌漬けや冷やしトマトなどは食欲がなくても食べられます。
冷たいものでも栄養がしっかり摂れるものを選ぶようにして下さい。

 

逆に気をつけなければいけないのはアイスクリームやビール類です。
暑いとつい食べたり飲んだりしてしまいますがこれはかなり危険です。
栄養バランスを崩して夏バテの原因になるので注意してください。

 

ではもし夏バテしてしまったときにはどうすればよいのでしょうか?
ここからは夏バテによく効くある食べ物についてご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

 

吐き気や下痢、胃痛を防ぐ食べ物とは?

 

夏バテで最も苦しい症状の1つがお腹からくる様々な症状です。
特に吐き気や下痢、胃痛などの苦痛は耐えられないものがあります。

 

これらの症状は体やお腹を冷やしてしまう事により発症します。
夏はエアコンや扇風機を使用する機会が多いので冷えやすいんですね。

 

そんな時に効果があるのが生姜です。
生姜にはジンゲロールとガラノラクトンの成分が含まれています。
これらは咳やのどの痛みを抑える効果があり風邪の症状によく効きます。

 

夏場におススメしたいのはネギや豆乳などを入れたしょうがスープや、
はちみつとおろししょうがを入れた紅茶などを1日に数回飲む事です。

 

これを飲めば体の中からほかほかと温かくなり冷え対策には最適です。
自宅で作って職場に魔法瓶に入れて持っていけばいつでも飲めます。

 

生姜の力は医学的にも実証済みで健康食品としてよく特集されています。
冷え性で悩んでいる人の多くが生姜効果で救われているのも事実です。

 

辛い夏バテの症状を乗り切るためにもぜひトライしてみてください☆

 

まとめ

★夏バテになると体力や免疫力が低下して風邪をひきやすい。

★夏バテ防止は水分補給、栄養補給、体温管理がポイント。

★吐き気や下痢、胃痛には生姜が効果的!体を温めましょう。

 

スポンサードリンク

 

【夏風邪に関するそのほかの記事】

夏風邪の症状は喉の痛みと高熱。クーラーには要注意!

風邪を早く治す方法。咳や高熱を長引かせない効果抜群の対処法

鼻水が止まらない!透明と黄色、状況に合わせた効果的な対策方法