クリスマスイルミネーションは

都内だと混雑がつきものです。

最大の穴場スポットと呼ばれる

よみうりランドを特集します。

 

スポンサードリンク

イルミネーションはどこも大混雑?

 

12月になるとあちらこちらで冬のイルミネーションが点灯します。
お台場、六本木ヒルズ、東京ドームシティなどは名所として有名です。

 

私はイルミネーションが好きでこれまでに色々な場所を巡りました。
東京、関西、東北、九州などそれぞれによさがあり素晴らしかったです。

 

すべてに共通していたのはメディアが多く紹介する人気のスポットは、
大変な混雑で落ち着いてイルミネーションが見られないという事実です。

 

人混みが醍醐味の1つとも言えますが慌ただしく感じる一面もあります。
2人だけの時間を楽しみたいカップルや子供連れのファミリーの場合は、
人は少ない方がよいかと思います。

 

イルミネーションをゆっくり鑑賞できる穴場スポットはないかな?

 

そんな方のためにおすすめしたいのが稲城市にあるよみうりランドです。
稲城市と聞くと田舎のように感じますが新宿から電車で25分です。

 

多摩地区では有名な遊園地ですが実はここはかなりの穴場スポットです。

 

よみうりランドのイルミネーション

 

よみうりらんどでは毎年冬の時期にはイルミネーションを行っています。
詳細は以下の通りです。

 

yo1 よみうりランドのイルミネーション。混雑しない最高の穴場スポット!

 

よみうりランド ジュエルミネーション

期間:
2016年10月14日(金)~2017年2月19日(木)

点灯時間:
16時00分~20時30分

料金:
ナイト入園料:大人1200円 中高生600円 子供300円
ナイトパス :大人2300円 子供 1700円
(ナイトパスは観覧車・ゴンドラは対象外で別料金となります)

割引:
セブンイレブンで前売り券を買うと100円引き。
金券ショップで株主優待券を狙うのもあり

 

よみうりランドは2016年に総工費100億円をかけて大改装しました。
その目玉はキッザニアのような職業体験ができる「グッジョバ」です。

 

リニューアルに伴って新しいアトラクションも色々と誕生しました。
郊外にあるテーマパークで都心に比べると値段もリーズナブルですし、
昼はアトラクション、夜はイルミネーションという楽しみ方もできます。

 

私は最近12月になると、家族でよみうりランドに出かけています。
ここからはその体験談を元にポイントや感想をレポートしていきます。

 

スポンサードリンク

 

よみうりランドのイルミネーションの魅力とは?

 

まずは何と言っても人の少なさです。
これは都心から離れているというアクセス上の問題があることと、
10月から2月までとイルミネーションの期間が長い事が考えられます。

 

クリスマスが近くなると多少は混みますが他と比べれば全然です。
広々としたスペースでゆったりとイルミネーションを観賞できます。

 

次にイルミネーションの豪華さです。
実はよみうりランドのイルミネーションは年々豪華になっています。

 

電飾LEDの数を調べてみると2013年は200万個だったのですが、
そこから100万個ずつ増えていき2016年は500万個になりました。

 

全体的な傾向としてイルミネーションの数は削減している所が多い中で、
よみうりランドは徐々にパワーアップしているのは見逃せません。

 

実際にイルミネーションに行ってみると、電飾数の多さに気づきます。
千葉にあるドイツ村に近いような辺り一帯に広がる光の世界は、
誰もが見とれてしまうほどです。

 

またよみうりランドにはゴンドラと大型の観覧車がありますので、
上空からも美しいイルミネーションの景色を楽しむことができます。

 

残念ながらナイトパスではゴンドラと観覧車に乗ることができませんが、
すごくよかったので別料金を払ってでも乗る価値はあると私は思います。

 

最後に1つ注意点です。
多摩地方の冬は都心に比べて寒いので、防寒対策は必ずしてきて下さい。
よみうりランドは山を上がったところにあるのでかなりの寒さでした。

 

まとめ

★よみうりランドは人が少なくおすすめのスポット!

★イルミネーションは年々豪華になっている。

★ゴンドラと観覧車は一押し。寒いので防寒対策を。

 

スポンサードリンク

 

【気になる注目スポット情報】

クリスマスおすすめデートプラン

ディズニーシーのクリスマスデートが200倍楽しくなる方法

よみうりランド「グッジョバ」の口コミと感想レポート