冬になると急速に流行するのが

感染力が強いノロウイルスです。

この記事では特徴的な症状を

大人と子供に分けて解説します。

 

スポンサードリンク

ノロウイルスとは?

 

ノロウイルスは12月~1月を中心に流行する感染性ウイルスです。
感染すると嘔吐や下痢、熱、寒気、めまいなどの症状が表れます。

 

非常に感染力が強く、保育園などでは集団感染につながりやすいです。
インフルエンザと同様にウイルスが一気に増殖するので注意が必要です。

 

感染経路は嘔吐物のほかに便座やドアノブからも感染してしまいます。
嘔吐物を処理する際は、マスクと手袋をして感染しないようにします。

 

予防は手洗いが中心になります。
ノロウイルスはアルコールに耐性を持っているので消毒ができません。

 

消毒をする場合にはハイターなどの塩素系漂白剤を水で薄めて使います。
または薬局で売られている次亜塩素酸水にも消毒効果があります。

 

治療方法ですがノロウイルスを退治するような特効薬はありません。
症状を和らげるための対症療法で治療を行っていく事になります。
症状は1日~2日がピークで3日目以降は徐々に落ち着いていきます。

 

ノロウイルスの子供の症状

 

子供の場合、学校や保育園でノロウイルスをもらう場合がほとんどです。
感染者と同じ部屋で一緒に生活していれば高確率でうつってしまいます。

 

子供が感染した場合、気分が悪くなり突然嘔吐する場合が多いです。
胃の中のものをすべて吐き出すので嘔吐量もかなりのものになります。

 

それまでは元気だったのに突然嘔吐するので驚いてしまいがちですが、
実はこれこそが最大のサインです。

 

症状がひどい時には、1日に何度も吐いてしまう場合もあります。
薬局で売られている経口補水液(OS-1)などで水分を補給して、
脱水症状にならないようにします。

 

下痢が続いたり、熱が出ることもありますが1番の特徴は嘔吐です。
嘔吐物を処理した大人がもらってしまうケースが多発しているので、
十分に気を付ける必要があります。

 

スポンサードリンク

 

ノロウイルスの大人の症状

 

大人の場合は、20~48時間の潜伏期間後に症状が出始めます。
潜伏期間中も「なんだか体調が悪い」と感じるケースも多いようです。

 

代表的なサインは激しい下痢です。
ノロウイルスの腹痛はとにかく強烈でトイレから出られなくなります。
子供からもらった場合は特に症状が強く出やすいので要注意です。

 

下痢が続くと食欲が低下して栄養不足になり、回復に時間がかかります。
何も食べ物を受け付けない場合は病院で点滴を受けるのもありでしょう。

 

無理して仕事をしても、状態をさらに悪化させてしまう一方です。
症状が辛い時は温かい部屋で安静にして十分に体を休めて下さい。

 

ノロウイルスが流行する時期は、ちょうど忘年会や新年会と重なります。
胃腸が弱っているときにはウイルスにより感染しやすくなります。
石鹸での手洗いとうがいを習慣的に行い、予防に努めるようにします。

 

まとめ

★冬に流行するノロウイルスは強力な感染力がある。

★子供は突然の嘔吐が症状の特徴。脱水症状に気を付ける。

★大人は激しい下痢が症状の特徴。仕事はせずに十分な休養を。

 

スポンサードリンク

 

【冬に関する気になる記事】

風邪を早く治す方法。咳や高熱を長引かせない効果抜群の対処法

鼻水が止まらない!透明と黄色、状況に合わせた効果的な対策方法

R1ヨーグルト。インフルエンザに効果があるというのはウソ?