仕事で保育園のお迎え時間に

間に合わない場合の制度として

延長保育があります。

詳しく特集していきます。

 

スポンサードリンク

延長保育って何?

 

保育園は朝7時~夕方6時までなど預けられる時間が決まっており、
その時間を超えて預ける場合は延長保育をお願いすることになります。

 

延長保育には月極め式と一時式があり、状況に合わせて申請します。
一時式はその日だけお迎えが遅くなるといった場合に使う方法です。

 

月極め延長保育は在籍する保育園に申請しますが条件があります。
それは次のようなものです。

 

【月極め延長保育の条件】(東京都北区の場合)

★満1歳以上であること。
★週3日以上・月12日以上、お迎えに間に合わないこと。
★延長保育が可能な健康状態・心身状態であること。

 

最終的には園長が判断をします。
そのために条件を満たしていても断られてしまう事もあります。
延長保育を申し込む際には就労証明書等の書類が必要になります。

 

認可保育園の場合、延長が可能な時間は1時間までが通常です。
もし18時までが通常保育であれば、延長保育は19時までになります。

 

万が一、その時間を過ぎると保育園から厳重注意を受けてしまいます。
頻繁に時間を過ぎてしまうと退園になる場合もあるので要注意です。

 

延長保育の料金の相場はいくら?

 

延長保育をお願いする場合は通常の保育料に加えて追加料金が必要です。
料金は自治体によって様々ですが相場としては次のような金額です。

 

【認可保育園の延長保育料金】

一時延長 :300円~500円
月極め延長:3000円~5000円

 

月極めの場合は月単位での料金で一度支払えば何回でも利用できます。
例えば10日間延長しても、20日間延長しても料金は変わりません。

 

料金的にはかなり良心的ですが認可外保育園になると話は変わります。
無認可保育園では夜22時まで子供を預けられるところもあり、
その場合の延長料金は1万円以上かかることも珍しくありません。

 

認可保育園の場合は延長可能な時間や料金が決められているので、
先ほど書いた相場以上の高額な料金が請求される事はありません。

 

スポンサードリンク

 

頼むとイヤな顔をされるって本当?

 

「延長保育を頼むと先生たちにイヤな顔をされないか?」

 

これは誰もが1度は悩むと思います。
そこでうちの子を延長保育でお願いした時の体験談を書いてみます。

 

延長保育を利用している子供たちは全園児の1割~2割程度です。
原則として1歳未満は預けられないので全員が1歳以上になります。

 

延長保育は認められた制度ですので、先生たちも嫌な顔はしません。
ただ子供たちがこのように訴えるとイヤな顔をされる場合があります。

 

「他の子はお迎えに来てくれているのに自分はなかなか来てくれない」

 

実際に利用してみてわかったのは最後まで残る子がいつも同じでした。
先生である保育士は子供たちの精神状態に気を遣ってくれています。

 

丸一日中、保育園で生活を共にする子供たちは先生にとっても特別です。
少しでも早く親に迎えに来てもらえば寂しい思いをさせなくて済みます。

 

はっきり言って、毎日お迎えが遅い親に対してはいい顏はしません。
延長保育は1時間まで延長できますがギリギリは避けた方が無難です。

 

少しでも早く我が子を迎えに行こうとする姿勢が最も大切になります。

 

まとめ

★延長保育を申請する際には条件がある。

★延長保育の月極め料金相場は3000円~5000円。

★少しでも早く迎えに行く姿勢を見せることが大切。

 

スポンサードリンク

 

【育児の気になる話題】

子供の肥満の解消方法。お腹をへこませるにはどうしたらいい?

子供の習い事。先輩ママ1000人が選んだおすすめ人気ランキング

認可保育園に入園するための点数をアップさせる裏ワザ★