東京都知事の小池百合子さんが

政治塾を新しく開講しました。

実際に受講している塾生から

その評判を確かめてみました。

 

スポンサードリンク

「希望の塾」とは?

 

2016年の東京都知事選挙で新都知事として選ばれた小池百合子さん。
女性都知事としてメディアでも大きく取りあげられて話題になりました。

 

前任者の舛添さんは公費を使って家族旅行に行った事実等が発覚し辞任。
東京都民の都政や都議会への信頼はどん底まで落ちてしまいました。

 

小池都知事は「都民ファースト」を掲げて信頼回復に努めています。
しかし1人ではできる事は限られているので同志を集める事にしました。

 

それが「希望の塾」です。
東京を変えたいと願う小池都知事の元には多くの応募者が集まりました。
その数は4827人で政治塾では橋本徹さんの維新塾を超える規模です。

 

エントリーシートと小論文による選考が行われ2902人が合格しました。
合格者の3~4割は女性でタレントのエドはるみさんも入塾しています。

 

講義は10月~3月まで毎月1回ずつ行われ講師は大物が登場します。
猪瀬元東京都知事、竹中元金融担当大臣など閣僚経験者ばかりです。
そしてあの橋本徹元大阪府知事にもオファーを出しているようです。

 

費用はいくら?

 

気になる費用ですが性別や職業によって価格に差が設けられています。

 

≪小池塾の受講料≫

男性・・・5万円
女性・・・4万円
学生・・・3万円(25歳以下)

 

一般的に政治への関心が薄い女性や学生に割引価格を設定していますね。
このあたりは女性の立場から見た小池さんの思い入れがある気がします。

 

応募資格は18歳以上で東京都政に関心がある人となっています。
難しい筆記試験もないので、誰でも応募しやすい塾と言えるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

2017年夏の都議選で候補者擁立?!

 

小池さんは希望の塾と合わせて「都民ファーストの会」を設立しました。
都民ファーストの会は政治団体で独立した1つの新党になります。

 

都民ファーストの会は2017年夏の都議会選で議席獲得を狙っています。
小池さんとしては希望の塾生を擁立したいと考えているようです。

 

1月の講義では都議選への出馬希望者を対象にした筆記試験を実施。
324人が擁立候補者として合格するなど着々と準備を進めています。

 

戦略家として知られている小池知事らしい手際のよさを感じます。
都民から人気もありますので都議選では相当の議席を獲得しそうです。

 

すべてが順調に進んでいるように見える一方で気になる事もあります。
それが塾生からの評判です。

 

小池塾「希望の塾」塾生の評判は?

 

インターネットでは小池塾に在籍する塾生からの不満が目につきます。
その中身は「高すぎる」「内容がひどい」といったものが中心です。

 

実際のところはどうなのか?
僕の知人で小池塾を受講している男性に話を聞くことができました。

 

ko2 小池塾「希望の塾」塾生の評判は?費用はいくらかかるの?

 

「東京都の都政に関心があって応募しましたが、講師陣は自慢話が多くて期待していた内容とは違いました。都議会選挙に出たい人のための塾だなというのが率直な感想です」

 

かなり厳しい意見でした。
ネットでも都議会選挙に出馬する気がない人からの批判が多いようです。
年6回の講義で5万円という価格も決して安くはありませんよね。

 

もちろん著名人から話を聞けるだけでもかなりの価値があると思います。
しかしそれが受講生の満足度につながっていないのが現状のようです。

 

小池塾は今後、2期生・3期生と募集を続けていく方針のようです。
1期生の評価をしっかりと受け止めて慎重に検討してほしいと願います。

 

まとめ

★「希望の塾」1期生合格者は2902人。

★費用は性別・職業に応じて3万円~5万円。

★受講者からは都議会選挙のための塾という不満あり。

 

スポンサードリンク

 

【この記事のあとに読まれています】

社会人の習い事。男性におすすめの人気ランキング

社会人の習い事。女性におすすめの人気ランキング