理想の睡眠時間はどれくらいか

あなたは知っていますか?

1日を元気に過ごすための

睡眠について検証していきます。

 

スポンサードリンク

必要な睡眠時間は人によって違う?

 

睡眠は人間にとって欠かせないもので、体に大きな影響を及ぼします。
睡眠不足で1日中眠い経験をされた方も多いのではないでしょうか。

 

睡眠の目的は疲れを取り、頭と体をリフレッシュさせることにあります。
十分な睡眠がとれないと免疫力が低下して病気になりやすくなります。

 

睡眠時間はどれくらい取るべきなのかはよく話題になるテーマです。
結論から言ってしまえば「人によって違う」というのが正解です。

 

ロングスリーパー体質の人は長い睡眠時間が必要になります。
10時間前後の睡眠を取らないと疲れを十分に取ることができません。

 

逆にショートスリーパー体質の人は睡眠時間が短くても平気です。
4時間前後寝れば疲れが十分に取れるので羨ましいところです。

 

ただこれらの体質に該当するのは全体の1割未満にすぎません。
残りの9割の人は必要な睡眠時間に共通する特徴があります。

 

それをもとにベストな睡眠時間を検証していきたいと思います。

 

睡眠時間のベストはどのくらい?

 

まずはよい睡眠について考えます。
よい睡眠の特徴として、朝起きた時の目覚めがスッキリしています。
この感覚を体験できるのは6時間以上睡眠を取っている人が多いです。

 

インターネットで他のサイトを見るとベストは5時間とよく目にします。
しかし当サイトの調査では“5時間では短い”と言う人が多数でした。

 

私も5時間睡眠を試してみましたが目覚めがスッキリしませんでした。
ショートスリーパー体質でなければ5時間では足りないようです。

 

目覚めをよくするための睡眠時間は7時間~8時間がベストです。
毎日は無理でも7時間を目標に睡眠を取るのが理想的だと言えます。

 

忙しい人は睡眠時間が6時間前後の場合も多いですが少々足りません。
逆に9時間以上の睡眠を取ると頭がボーっとしてしまいがちです。

 

睡眠時間は短すぎても長すぎてもよくないので意識的に調整が必要です。

 

スポンサードリンク

 

睡眠をより快適にするための方法

 

よい睡眠を取るためは時間も大切ですがもっと大切なことがあります。
それは睡眠の規則的なリズムです。

 

睡眠には浅い眠りのレム睡眠と、深い眠りのノンレム睡眠があります。
疲労回復効果が高いのはノンレム睡眠でこの時間の確保が重要です。

 

睡眠中はレム睡眠とノンレム睡眠を90分ごとに交互で繰り返します。
しかし不規則な睡眠を取っているとリズムが壊れて疲れが取れません。

 

睡眠をより快適にするためには寝る時間と起きる時間を決める事です。
これによって規則正しいリズムができて、疲労回復効果が高まります。

 

睡眠時間や睡眠のリズムはとても重要ですがもう1つ付け加えます。

 

休みの前の日など、夜更しをしたくなるときもあるかもしれません。
そんなときはおもいきって夜更かししてしまうのも1つの手でしょう。

 

週に7日あれば1日ぐらいはペースを崩したとしても支障はありません。
それがストレス解消につながるのあればそちらを優先するべきです。

 

睡眠と上手に付き合うことができれば勉強や仕事の効率は高まります。
ぜひ意識してみて下さい。

 

まとめ

★必要な睡眠時間はその人の体質によって変わる。

★一般的な体質な人の場合、7時間~8時間がベスト。

★規則正しい睡眠を取ることで疲労回復効果が高まる。

 

スポンサードリンク

 

【健康の気になるニュース】

昼寝の効果がすごい!休憩時間の昼寝で仕事の効率が抜群に上がる理由

風邪を早く治す方法。咳や高熱を長引かせない効果抜群の対処法

ロキソニンの重大な副作用。腸閉塞や胃潰瘍になるって本当?

R1ヨーグルト。インフルエンザに効果があるというのはウソ?