ディズニーの名作「美女と野獣」が

実写版として映画化されました。

実際に見た感想と口コミについて

ご紹介していきます。

スポンサードリンク

2017年最高傑作と評判の映画「美女と野獣」

 

ディズニー好きな私がずっと気になっていた映画「美女と野獣」
いつまでやっているのか不安でしたが7月中旬までは公開とのこと。

 

週末映画ランキングではあの「アナと雪の女王」を抜いて1位を獲得。
興行収入はなんと100億円を突破した2017年を代表する話題作です。

 

ようやく友人と予定の都合がついて、ついに見ることができました。
この記事では私と友人3人の感想を中心にご紹介していきます。

 

「美女と野獣」は1991年に上映されたディズニーアニメ映画です。
今年公開されたのはその実写版で、リメイクされた作品になります。

 

私はディズニーアニメの「美女と野獣」が大好きで何度もみました。
それだけに実写化は楽しみでしたが、少し不安でもありました。

 

ストーリーは魔女の呪いで醜い野獣の姿に変えられてしまった王子と、
美しいヒロイン・ベルのファンタジーあふれるラブロマンスになります。

 

すでに映画を見た知人に話を聞いてみるとみんな揃って高評価でした。
ネットで検索すると“2017年最高傑作”という口コミもありました。

 

ここからは早速、映画を見たありのままの感想をレポートしていきます。
ネタバレはしないように書くので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

スポンサードリンク

 

映画「美女と野獣」(2017)の感想

 

まずは率直な評価から。本当にすばらしい作品で100点満点です。
口コミがよいのも映画を見た人ならばきっと理解できると思います。

 

実写化・ストーリー・キャスト・音楽とどれを取っても最高レベル。
純粋な気持ちでストーリーに入り込めば感動すること間違いなしです。

 

ヒロインのベル役を務めたエマ・ワトソンはすごく可愛かったです。
恋をするせつなさや戸惑い、すべてを表現していて惹きこまれました。

 

実写化については「よくぞここまでしてくれました!」という感じ。
アニメからの実写化でこんなに成功した例を私は見たことがありません。

 

映像はとても綺麗でしたし、音楽も迫力満点でとても感動的でした。
この感動をどんな言葉で伝えればよいのか悩んでしまうぐらいです。

 

一緒に行った友人も全員が揃って「最高だった!」と言っていました。
映画を見た後のカフェで2時間も映画の話で盛り上がってしまいました。

 

デイズニ―好きな人はもちろん、ストーリーを知らない人も楽しめます。
2017年に見た映画の中では断トツのNO1というのが私の評価です。

 

DVDではなく、ぜひ映画館で見て迫力を感じてもらいたい作品です。

 

まとめ

★興行収入100億円を突破した2017年最大のヒット作品。

★映画を見た評価は100点満点。すべて最高レベルで文句なし。

★映画館で見るのがおすすめ。感動が2倍になる作品。

 

スポンサードリンク

 

【ほかの映画や舞台の感想も書いてます】

シング(映画SING)の感想レポート。気になる口コミと評判は?

ファインディングドリーの口コミと感想。

劇団四季「アラジン」の感想とみどころ。気になる評判は?

シルクドゥソレイユ「オーヴォ」の感想とみどころ