仕事辞めたい。行きたくない。

ずっと我慢して頑張ってきたけど、

今回ばかりは限界でもう無理だ。

この記事はそんな時に読んで下さい。

 

スポンサードリンク

会社はいつでも辞められる

 

「自分は存在価値がないんです」
「本当にダメな人間です」
「もう消えてしまいたいです」

 

占い師をしていると、相談者からこのような言葉を聞く事があります。
悩みの理由は様々ですが、特に「仕事」で悩む人が多いように感じます。

 

仕事の悩みを抱え込んでしまう人は多く、ギリギリまで我慢しがちです。
それがストレスとなり、心や身体に様々な悪影響を与えてしまいます。

 

我慢を続けるうちに限界がきます。
心か身体がストレスに耐えられずに「病気」という形で現れるのです。

 

仮に辛い時期をどうにか乗り越えても、どこかで必ず反動が出ます。
私は相談者に「健康を最優先に考えましょう」とお伝えしています。

 

会社というのは組織ですので、あなたの代わりは探せば見つかります。
これはすべてのポジションに当てはまる事で例外はありません。

 

つまり会社は、自分が辞めたい時にいつでも辞められるものなのです。
自分の健康を害してまで留まり続ける意味はまったくありません。

 

「会社に行きたくない。もう限界だ」と思ったら会社を辞めましょう。
ここまでずっと我慢してきたあなたの決断を誰も否定はできません。

 

スポンサードリンク

 

会社辞めたら食べていけないってホント?

 

会社を辞めたくても辞められない理由の1つに「収入」があります。
会社を辞めると給料がもらえなくなるので生活できないというものです。

 

これは極端すぎる意見です。
収入を得る方法は今の会社に勤める以外にもいくらでもありますよね?

 

人生は何度でも再スタートできます。
実際に会社を辞めて再スタートを切った方の実例をいくつか紹介します。

 

【会社を辞めて再スタートした人の実例】

★上司のパワハラに苦しみ、毎日罵倒されていた30代男性社員。
→同業他社に転職して理解のある上司と出会う事ができた。

 

★「給料泥棒」と社内で陰口を叩かれていた50代男性管理職。
→脱サラして地方へ。農業を1から学び再スタート。

 

★激務に苦しんでうつ病を患った20代女性公立学校教員。
→残業がない会社の事務職として再就職。すぐに主任に。

 

★仕事が嫌すぎて無断欠勤して解雇された30代男性社員。
→過去を反省し、施設警備員として再スタート。

 

彼らは仕事を辞めたあとにしばらく充電して、社会復帰しています。
今はまったく新しい環境で、まったく違う人生を歩んでいるところです。

 

給料で比較すると、9割の人が転職前よりも下がってしまっています。
それでも「今の方が全然いいです!」と口を揃えるのはなぜでしょうか?

 

その答えは「自分らしく仕事ができているか?」だと私は思います。
条件面にとらわらず、自分が輝ける生き方を見つけることが大切です。

 

限界まで頑張ったら、仕事を辞めて心と体をゆっくり休ませましょう。
そして体力と気力が戻った段階で新しい仕事を探せばよいのです。

 

どうか自分を追い込まないで下さい。
絶望の先には必ず希望があります。

 

まとめ

★限界まで頑張っても無理なら仕事は辞めてよい。

★会社を辞めてもいくらでも収入を得る方法はある。

★給料の額よりも自分らしく仕事をする方が大切。

 

スポンサードリンク

 

【過去の風月コラムはこちら】

失恋の辛すぎる痛み。戻りたい、復縁したいあなたへ

30代男性 引きこもり暦16年からの脱出

20代女性 結婚がしたい ~前編~

うつ病、無職、借金、ホームレスからの復活