夏の暑い時期によく見られるのが

突然の大雨「ゲリラ豪雨」です。

どんなときに降りやすいのか、

その特徴と対策をまとめました。

 

スポンサードリンク

ゲリラ豪雨の原因とは?予想はできないの?

 

「うわあ~!外すごい雨だよ」

 

さっきまで晴れていたのに、ふと外を見ると台風のような猛烈な雨。
これが「ゲリラ豪雨」で夏の暑い時期によく見られる気候変化です。

 

ゲリラ豪雨は短時間の間に狭い範囲で発生しやすい特徴があります。
しばらくすると何事もなかったかのように晴れる場合も多いです。

 

ゲリラ豪雨の原因は積乱雲です。
積乱雲とは雨を降らせる雲のことで、発生すると強い雨が降ります。

 

上空の冷たい空気と地上からの暖かい空気が混ざると積乱雲になります。
気温が高くなればなるほど、積乱雲が発生しやすくなるのが特徴です。

 

天気予報でゲリラ豪雨を予測するのはほぼ不可能だとされています。
積乱雲は大陸から流れてくる雨雲ではなく、作られる雨雲だからです。

 

1つ言えるのは暑い時ほど注意です。
エアコンの使用量が増えると、室外機から温かい空気が上空に舞います。

 

都市部では人が多いので、エアコンの使用量が膨大になります。
そのため積乱雲が発生しやすく、ゲリラ豪雨が起きやすくなります。

 

地球温暖化が進行しており、ゲリラ豪雨の回数は年々増加しています。
ここからはゲリラ豪雨への対策についてまとめていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

ゲリラ豪雨への対策は?

 

毎日天気予報を見るという人がいますが、あまり意味はありません。
なぜならばゲリラ豪雨の原因は積乱雲で「作られる雨雲」だからです。

 

天気予報を見ていつ降るかわからないものを予想するよりも、
いつ降っても困らないようにしっかり準備しておく方が大切です。

 

事前にできる準備としては、暑い時期は常に雨具を持ち歩く事です。
カバンの中に折り畳み傘を1本入れておくようにするとよいでしょう。

 

また大雨が降った時にどうするか、事前に対応を考えておきます。
家族に車で迎えに来てもらえるのかどうかも確認しておきましょう。

 

それからもう1つのポイントです。
ゲリラ豪雨には前兆があります。

 

急に空が暗くなってきた時は、雨が降る前兆ですので要注意です。
屋外にいる場合は大雨が降る前に室内に避難した方がよいでしょう。

 

大雨に降られてしまった場合は、室内で少し待機するのがベストです。
ゲリラ豪雨は短時間で降り止む事が多いのでそのときを待ちます。

 

30分~1時間もすればゲリラ豪雨は過ぎ去っていきますので、
カフェでお茶でも飲みながらのんびり待つのがよいかと思います。

 

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

まとめ

★ゲリラ豪雨は天気予報では予想できない局地的な集中豪雨。

★ゲリラ豪雨の原因は夏の暑い時期にできやすい積乱雲。

★1番の対策は常に雨具を持ち歩くようにすること。

 

スポンサードリンク

 

【夏に読みたい注目の記事】

かき氷が最高に美味しい東京の名店をまとめてみた【ふわふわ】

24時間テレビ。観覧チケットの当選率を10倍にするテクニック

バーベキュー。おすすめ食材メニューランキング【激ウマ♪】