顔にできものができることは

生活するうえではよくあります。

私が顔にできたイボを取るまでの

体験談を記事にしていきます。

 

スポンサードリンク

顔に目立つ“原因不明のできもの”が出現

 

ある日の事。妻から「顔に何かついているよ」と言われ鏡を見ました。
すると目の下に1センチぐらいの茶色っぽいできものがありました。

 

手で取ろうとしても皮膚の内側からできているようで取れません。
無理に取ろうとすると痛みが出るのでどうしたものかと困りました。

 

ニキビとは違い、腫れあがった様子もなく痛みもかゆみもありません。
妻に言われるまでまったく気づかなかったのが本人としての感覚です。

 

とりあえずは家にあったオロナイン軟膏を付けて様子を見ました。
しかし翌朝も何も変化がなく、自然に治るようには思えませんでした。

 

顔のできものなので取りたいのですが、そもそも正体がわかりません。
イボなのか、粉瘤なのか、もっと怖いやつなのかが特定できません。

 

インターネットで調べると皮膚科に行くのが1番だとわかりました。
そこで皮膚科を受診しました。

 

謎のできものの正体は“イボ”だった!

 

皮膚科では詳しい検査をされるかと思いきや意外にもあっさりでした。
先生は一目見てこう言いました。

 

syu3 顔にできたイボを除去したい!皮膚科での治療方法と費用のまとめ

 

「ああ~、これはイボですね。今焼いて取っちゃいましょう!」

 

・・・え?焼いて取る?
頭の中が整理できないうちに湯気が出ている怪しげな器具が登場します。

 

「少し熱くなります」と言われましたが、断固拒否したい気持ちです。
イボに向けてピンセットのような器具を4~5回ほど押し当てます。

 

熱かったり痛かったりしそうですが、想像ほどではありませんでした。
最初だけは少し熱いですが、数を重ねるごとに徐々に慣れてきました。

 

イボを焼いた日でも顔を洗って大丈夫で、お風呂にも入る事ができます
焼いたイボは10日ほどしたら自然に取れると言われて診察終了です。

 

スポンサードリンク

 

皮膚科での治療方法と費用のまとめ

 

ここまでは私が皮膚科でイボを取るまでの体験談を書いてきました。
いくつかポイントをまとめます。

 

まず顔にできものができた場合は、皮膚科を受診するのが一番です。
インターネットの情報では正確な原因が掴みにくいので要注意です。

 

治療方法は皮膚科でレーザーか液体窒素の治療が基本となります。
私の場合は液体窒素による治療でしたが1日のみで終わりました。

 

どちらも肌に負担をかけないやり方なので傷跡はほとんど残りません。
顔イボは市販薬では治せませんので、皮膚科での治療が必要になります。

 

費用は保険が効くので1500円~2000円程度で済ませる事ができます。
レーザー治療を希望する場合にはもう少し費用は高くなると思います。

 

イボを焼かれると聞くと、どうしても足が重くなるかもしれません。
しかし行ってみれば驚くほど簡単に終わるので怖がらないでください。

 

私の体験談が同じ悩みを持つ人にとって何かの参考になれば幸いです。

 

まとめ

★顔にできものができた場合は、皮膚科で正体を調べてもらう。

★顔イボの治療はレーザーか液体窒素。短時間で終わる。

★費用は保険適用で液体窒素の場合は1500~2000円程度。

 

スポンサードリンク

 

【よくある健康の悩みはこちら】

R1ヨーグルトの効果。便秘によく効くというのは本当?

特茶の効果を口コミから検証!いつ飲むのがダイエットには最適?

睡眠時間のベストは5時間?!目覚めをよくするための方法とは?

風邪を早く治す方法。咳や高熱を長引かせない効果抜群の対処法