メタボリックシンドロームは

生活習慣病の原因となります。

診断基準から予防・改善方法まで

詳しくまとめてみました。

 

スポンサードリンク

メタボリックシンドロームの診断基準とは?

 

メタボリックシンドロームは内臓脂肪が多すぎる状態の事を言います。
生活習慣病の原因となりやすいので気をつけなければなりません。

 

年齢を重ねるごとに代謝が落ち、お腹周りに脂肪が付きやすくなります。
40代以上の男性2人に1人がメタボもしくは予備軍とされています。

 

決して他人事ではないメタボですが診断基準が決められています。
それがこちらになります。

 

≪メタボの診断基準(厚生労働省基準)≫

◎腹囲(ウエスト)
男性:85cm以上
女性:90cm以上

★高血糖
空腹時血糖値 110mg/dl以上
または
HbA1c  5.5%以上

 

★高血圧
最大血圧 130mmHg以上
最低血圧 85mmHg以上

 

★脂質異常
中性脂肪 150mg/dl以上
または
HDLコレステロール 40mg/dl以上

 

◎腹囲+★2項目以上=メタボ

◎腹囲+★1項目以上=メタボ予備軍

 

メタボと診断されるとどのようなリスクがあるのでしょうか?
代表的なのは「生活習慣病」です。

 

内臓に肥満がたまると、血液の流れが悪くなってしまいます。
やがて動脈硬化となり、心筋梗塞や脳卒中などの原因となります。

 

現代における日本人の3大死因はがん、心筋梗塞、脳卒中です。
これらはすべて生活習慣病で、肥満の人ほど発症リスクは高まります。

 

メタボは高い確率で重大な病気を引き起こすきっかけとなります。
ここからは予防方法や改善方法について詳しく解説していきます。

 

スポンサードリンク

 

メタボリックシンドロームの具体的な改善方法は?

 

メタボと診断されてしまった場合は体型改善をする必要があります。
またメタボではない人でも日頃から予防を心がける意識が大切です。

 

具体的な対策方法としては食事・運動・禁煙の3つが基本になります。
どうしても改善されない場合は薬もありますが推奨はされていません。

 

この中で特に重要なのは食事です。
体は食べたものによって作られますので体質改善の大きなポイントです。

 

食事のメニューは和食を中心に緑黄色野菜を毎食食べるようにします。
かぼちゃ、トマト、人参、ほうれんそう、キノコ類がおすすめです。

 

また野菜を最初に食べると血糖値の上昇を防げるので効果的です。
今日からすぐに始められる方法ですのでぜひ取り入れてみて下さい。

 

1番やってはいけないのが21時以降に食事や飲酒をする事です。
消化ができずに内臓脂肪として体内に蓄積されてしまいます。

 

運動は1日1万歩を目標にしてウォーキングするのが理想的です。
会社帰りに一駅分だけ歩いて帰るだけでもよい運動になります。

 

暴飲暴食を避けて、規則正しい生活をすれば体型は必ず改善できます。
大事な命を守るためにも自分ができることから始めてみて下さい。

 

まとめ

★メタボの診断基準は腹囲、血糖、血圧、中性脂肪。

★具体的な対策としては食事・運動・禁煙が基本になる。

★メニューは和食が中心。21時以降の食事・飲酒は絶対にNG。

 

スポンサードリンク

 

【健康に関する気になる話題】

バリウム検査は意味ないって本当?健康診断で拒否する方法とは?

悪玉コレステロール値を下げる方法。食事のポイントを詳しく解説!

特茶の効果を口コミから検証!いつ飲むのがダイエットには最適?

30代で体力が低下する原因とは?健康を維持するための調整方法