人生における大イベントといえば、

結婚を決めるプロポーズですよね。

本当にあった感動エピソード集を

厳選してご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

プロポーズは男性から?女性から?

 

いきなりですが、
皆さんに質問です。

 

あなたは男性、女性のどちらから
プロポーズされたいですか?
(プロポーズされましたか?)

 

「男性」と考えられた方が
大半かもしれません。
結果は次の通りになります。

 

00011 プロポーズの感動エピソード集。あなたはサプライズ派?シンプル派?

出典: http://partner.nifty.com/report/report/110428.htm

 

女性にこの質問をしたところ、
80%の方が「男性から~」という
回答になりました。

 

一方で男性の結果はというと、
「男性から~」は47%。
「どちらからでもいい」が44%。

 

この結果をご覧になって、
皆さんはどう思われましたか?
僕は男性の結果が気になりました。

 

実は30年前の調査結果では、
「男性から~」が80%ありました。
80%⇒47%に急落してます。

 

0002 300x300 プロポーズの感動エピソード集。あなたはサプライズ派?シンプル派?

 

この間で女性がどんどん強くなり、
男性の草食化が進んだんですね。
時代の風潮なのかもしれません。

 

それは一概に悪いことではなく、
女性の社会的地位が高まったという
いい部分ももちろんあります。

 

ただ、プロポーズは特別なイベント。
男性から女性にしてほしいという
勝手なイメージが僕にはあります。

 

俺についてこい!ではないですが、
プロポーズの場面ではせめて男気を
見せてほしいと思うんですよね。

 

男性陣への奮起を促す意味を込めて、
ここからは感動的なプロポーズの
エピソード集をご紹介します。

 

サプライズ派 感動エピソード集

 

まずはサプライズ派の
エピソード集をご紹介します。

0000 248x300 プロポーズの感動エピソード集。あなたはサプライズ派?シンプル派?

 

♡私の誕生日に旅行先で♡

私の誕生日に大好きな沖縄へ彼と旅行に行きました。午前0時になった時、彼が指輪とお花を出してプロポーズしてくれました。

 

♡レストランでの食事中に♡

フレンチレストランを予約してくれた彼。食事が終わった時に、店員さんがホールケーキを運んできました。誕生日でもないのに間違えたのかな?と思ったら、ケーキの上には「結婚してください。一生大切にします」の文字が。

 

♡観覧車の中で花火を観ながら♡

千葉へ遊びにいったとき、観覧車に乗ろうと彼が言い出しました。なぜかずっと時間を気にしてそわそわしていた彼。私たちの順番が来て観覧車に乗り、頂上にさしかかったそのときでした。目の前に突然大きな打ち上げ花火が。そこでプロポーズされました。

 

♡ディズニーでプロポーズ♡

体験談はこちらからどうぞ。

「ディズニーサプライズプロポーズ」へ

 

いかがでしたでしょうか?
お気づきかもしれませんが、
最後の体験談は実は僕の話です。

 

先ほどの体験談でご覧頂いたように、
僕は夜のシンデレラ城の前で
サプライズプロポーズをしました。

 

嫁さんはかなり感激してくれて、
今でもプロポーズのことは
鮮明に覚えているそうです。

 

一世一代のプロポーズだからこそ、
サプライズな演出を準備して
思い出に残るものにしたいですね。

 

スポンサードリンク

 

シンプル派 感動エピソード集

 

次はシンプル派のエピソード集です。
場所や演出にはこだわらず、
素直に思いを伝えています。

 

♡無口な彼だけどやるときはやる♡

普段はあまりしゃべらない彼。私の話の聞き役に回ることが多いのですが、レストランでの食事中に突然「大事な話があるから聞いてほしい」と真剣な表情に。そのあと「俺と結婚してください。絶対幸せにします!」とプロポーズされました。

 

♡できちゃった結婚♡

彼と付き合って4年目。結婚の話が曖昧なまま、先に妊娠が発覚。戸惑う私に彼は「順番は逆になったけど2人の宝物を一緒に育てていこう」と言ってくれ、すぐに空いている結婚式場を見つけ予約してくれました。

 

♡遠距離恋愛♡

彼が仕事の転勤で2年間地方へ行くことになり、東京と鳥取の遠距離恋愛に。2人の関係がどうするべきか考えていた私に「東京に帰ったら結婚しよう。俺には君以外考えられない」。2年後に彼とゴールインしました。

 

♡愛は震災を乗り越える♡

私たちは東日本大震災で被災しました。家も流されてしまった何もない状況の中で彼が「色々な物を失ったけど、1番大切な君が流されないでよかった。もしよかったらこの先家族として一緒に歩んでください」とプロポーズしてくれました。

 

読んでいるとなんだか「じ~ん」と、
響いてくるものがありますよね。
本当にどれも素敵なエピソードです。

 

サプライズ派が彼女を驚かそうと
色々な演出を準備しているのに対し、
ストレートな言葉のみのシンプル派。

 

もちろん、どちらを選んでも
感動的なプロポーズは可能です。
これは好みによると思います。

 

僕自身はシンプル派の方が、
胸に響くものがありました。
震災の話には思わず涙がでました。

 

0004 プロポーズの感動エピソード集。あなたはサプライズ派?シンプル派?

 

占い師という職業上、
人の人生に触れる機会が
非常に多くあります。

 

人生は山あり、谷あり。
夫婦も山あり、谷ありです。
うまくいかないときもあります。

 

そんなときに初心を戻れるのが、
プロポーズなのかもしれません。
人は戻れる場所があると強いです。

 

だからこそプロポーズは大切に。
「どちらからでもよい」なんて
投げやりにならないでほしい。

 

そんな風に思います。
プロポーズがまだの方は、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

まとめ

★ここ30年間で、男性からプロポーズをするという意識は激減している。

★プロポーズはサプライズ派とシンプル派の2つに分かれる。お好きな方を。

★プロポーズは夫婦の原点。思い出に残るよう工夫する。

 

スポンサードリンク

 

≪プロポーズの関連記事≫

本文内でもご紹介しましたが、
ディズニーランドで僕が妻にした
プロポーズの体験談です。

 

この記事は妻が書いたので、
女性目線で面白いと思います。
ぜひ読んでみてください。

 

ディズニーでプロポーズ♡成功率200%のサプライズ演出方法へ

0552c3547b45eb4b878c9e404ffb4995 プロポーズの感動エピソード集。あなたはサプライズ派?シンプル派?