2017年に価格が20倍となった

仮想通貨の王様ビッドコイン。

現在の状況と今後の見通しと

記事でまとめていきます。

 

スポンサードリンク

ビッドコイン相場が暴落!価格は高値から半額に

 

2018年度に入ってからビッドコイン相場の暴落が止まりません。
ついには100万円を割りこみ、ピーク時の半額以下となっています。

 

2017年当初、ビッドコインは1枚当たり10万円という価格でした。
そこから1年間で200万円まで急騰。価格は20倍にもなりました。

 

この急騰劇がメディアで大々的に取り上げられて仮想通貨ブームに。
将来性に無限の魅力がある仮想通貨へ投資する人が続出しました。

 

しかしコインチェック社で仮想通貨NEMの大量流出が発覚し、
仮想通貨のセキュリティ面に大きな問題がある事が判明します。

 

「預けていたお金がなくなってしまうかもしれない」という不安から、
流出したNEMを含むすべての仮想通貨でパニック売りが出ます。

 

利益確定の売りと重なって、1か月も経たない間に半額にまで暴落。
1枚200万円で購入した人は100万円の損失となっています。

 

私の知人に200万円の時期にビッドコインを購入した人がいます。
仮想通貨ブームに乗ったつもりが、大損失になったと嘆いていました。

 

投資ではテレビや雑誌で話題になったら天井とよく言われます。
今回の暴落はその典型的な例であり、投資の難しさを感じさせます。

 

世界で規制も検討されている仮想通貨は今後どうなっていくのでしょう。
さらに検証していきます。

 

スポンサードリンク

 

今後のビッドコイン。仮想通貨の展開は?

 

ビッドコイン相場が200万円に到達した時は総楽観ムードでした。
まだまだ上昇するという見方が強く、購入者が次々に現われました。

 

しかし今回の大暴落で投資家心理は以前とは大きく変わっています。
「仮想通貨は怖い、危ない」というイメージが定着しつつあります。

 

年初から続いていた投げ売りもだいぶ出尽くしてきた感があります。
フィボナッチ理論の61.8%水準まで調整が進んでいる事にも注目です。

 

仮想通貨、ビッドコインの将来性にはまったく変わりはありません。
全世界で使える共通通貨というビジネスモデルは非常に魅力的です。

 

逆風が過ぎ落ち着きを取り戻せば、再び上昇開始となりそうです。
終わってみればあの暴落した時が買い場だったとなるかもしれません。

 

ただし世界規模で規制に動いている事からも買うのはまだ早そうです。
情勢がはっきりして、上昇が再開してからでも遅くはありません。

 

では他の仮想通貨(リップルやイーサリアム)はどうでしょうか?
こちらもビッドコインと連動して上昇していくと予測されます。

 

「総楽観は売り、総悲観は買い」

 

相場の格言として知られていますが、現在は総悲観に近い状況です。
従ってそろそろ購入を検討してもよいタイミングかもしれませんね。

 

まとめ

★ビッドコイン相場は高値200万円から半額以下に暴落した。

★調整がだいぶ進んでおり、売りが出尽くしつつある。

★「総楽観は売り、総悲観は買い」

 

スポンサードリンク

 

【仮想通貨の関連記事】

仮想通貨が規制強化へ。今後はバブル崩壊で暴落する確率が80%!?

 

前回に書いた記事です。やはり暴落が来てしまいました・・・(>_<)