アメリカニューヨーク市場には

夏時間と冬時間があります。

それぞれの時間帯について

詳しくまとめていきます。

 

スポンサードリンク

 アメリカNYダウの夏時間と冬時間

 

日本市場は1年間を通して9:00~15:00までが取引時間です。
ただニューヨーク市場は季節によって取引時間が変わってきます。

 

それぞれの取引時間は次の通りです。

 

≪ニューヨーク市場【日本時間】≫

★夏時間
3月第2日曜~11月第1日曜
22:30~翌5:00まで

★冬時間
11月第1月曜~3月第2土曜
23:30~翌6:00まで

 

3月と11月の2週目に切り替えがあると覚えておくとよいと思います。
長く投資をやっている人でも忘れがちなのでぜひ覚えておいてください。

 

冬になると夏よりも開始時刻と終了時刻が1時間ずつ遅くなります。
するとこのような影響が出てきます。

 

雇用統計の発表時間に要注意!

 

投資をしている人であれば誰もが注目しているアメリカ雇用統計。
アメリカでは雇用が景気判断をするうえで最も重要な指標とされます。

 

雇用統計の発表直後は為替や先物が大きく変動するタイミングです。
ポジションを持つトレーダーにとっては手に汗握る瞬間と言えます。

 

その雇用統計ですが、毎月第1金曜日の夜間に数字が発表されます。
注意点としてNY市場の夏時間と冬時間で発表時刻が変わります。

 

≪雇用統計の発表時刻【日本時間】≫

★夏時間(4月~10月)
21時30分

★冬時間(11月~3月)
22時30分

 

FXや225先物は平日夜間でもトレードをすることが可能です。
雇用統計の時刻を間違えてポジションを取らないようにしてください。

 

私も22時30分と思い込んで、21時30分だった事がありました。
どうにか損失は免れましたが、チャートが荒れていて危ない場面でした。

 

スポンサードリンク

 

日経225先物トレーダーは終了時刻に要注意!

 

最近は株やFXから日経225先物に移行するトレーダーが増えています。
日経225先物は個別銘柄ではなく、日経平均株価が取引対象になります

 

日経225先物ナイトの取引時間は16:30~翌5:30までです。
NYの冬時間は6:00までやっているので30分の空白ができます。

 

この30分の間に相場が急変動することがよくあるので要注意です。
NYはクローズ間際で、仕掛けが入りやすい時間帯でもあります。

 

NYは5:00で終わりだと、ついつい思い込んでしまうものです。
冬時間の場合は全力買いや全力売りは避けた方が無難と言えるでしょう。

 

225先物は今後FXのように平日の24時間取引が検討されています。
そうなれば状況は変わってきますが、現在はまだ注意が必要です。

 

まとめ

★ニューヨーク市場には夏時間と冬時間がある。

★夏と冬では雇用統計の発表時刻が違う。

★225先物は空白の30分間に要注意。

 

スポンサードリンク

 

【気になるお金の話題】

ビッドコイン相場が暴落!200万円から100万円割れで半額以下に

仮想通貨が規制強化へ。今後はバブル崩壊で暴落する確率が80%!?

ふるさと納税でお米をもらおう。送料無料で国産コシヒカリが60kg★