クラシック路線の主役となった

桜花賞馬アーモンドアイ。

しかし次走のオークスでは

危険な人気馬になりそうです。

 

スポンサードリンク

桜花賞を完勝!ルメールは「三冠取れる」

 

桜花賞では4戦4勝のラッキーライラックが断トツの1番人気に。
そのときの2番人気がシンザン記念を制したアーモンドアイでした。

 

結果は1枠1番を引いたラッキーライラックが直線早めに先頭へ。
そこへ大外からアーモンドアイが33.2の末脚で差し切りました。

 

1頭だけ異次元の末脚はまるでディープインパクトのようでした。
騎手ルメールは「トリプルクラウン狙います」と堂々の宣言です。

 

桜花賞の内容からすると、その可能性は十分あるように思えます。
おそらくオークスでも圧倒的な1番人気に支持されそうです。

 

どの新聞やサイトをみてもアーモンドアイ3冠濃厚の記述ばかり。
だからこそ私はあえて「三冠は厳しい」という見解の記事を書きます。

 

そしてオークスが最大の難関となり、負ける確率が高いと見ています。
その理由について書いていきます。

 

アーモンドアイはオークスで危険な人気馬!

 

オークスは東京2400mという舞台で行われるGⅠレースです。
3歳馬でこの距離を走った経験がある馬はほとんどいません。

 

つまり未知なる距離との戦いになります。距離適性がポイントです。
走った事がないのですから必然的に「血統」が重視されてきます。

 

アーモンドアイの父はロードカナロアで現役時代は短距離馬でした。
スプリンターズS連覇など1200mを中心に実績を残した馬です。

 

競馬では父と母父の血統が特に重視されており、遺伝性が強く出ます。
アーモンドアイの血統を見ると短距離向きである事は明らかです。

 

もちろん血統がすべてではありませんので、例外は出てきます。
しかし距離適性を判断するうえで、血統は欠かす事ができません。

 

ロードカナロア産駒の成績は1200m~1800mに集中しています。
2000m以上になると極端に数字が落ち、2400m以上は勝ちがありません

 

この点は非常に気になるところです。
1600mの桜花賞が圧巻の強さだったので、距離が余計に気になります。

 

結果的に距離が長すぎて自慢の末脚が不発に終わるというケースも、
十分に考えられそうです。

 

スポンサードリンク

 

牝馬三冠の可能性は?

 

もし仮に距離不安を克服してオークスを見事に制したと仮定します。
その場合ならば、牝馬3冠は確実とみて間違いないのでしょうか?

 

私はそれでも厳しいと見ています。
3冠目の秋華賞は京都内回り2000mという舞台で行われます。

 

アーモンドアイの最大の強みは最後の直線での追い込みです。
京都競馬場内回りコースは直線が短く、追い込み馬には不利です。

 

鞍上ルメール騎手とはいえ脚質を考えると難しいレースになります。
オークスでの距離、秋華賞での脚質が牝馬三冠への大きな課題です。

 

これらを乗り越えて三冠馬になる確率は10%程度と予想します。
オークスか秋華賞のどちらかで2、3着になる可能性が高そうです。

 

競馬ファンとして夢がないと思われてしまうかもしれませんが、
夢を語る記事はたくさんあるので私は現実的な評価を書いてみました。

 

これまでに書いてきた弱点を打ち破って牝馬3冠を取ってほしい。
実際にはそんな気持ちもあるのが正直なところかもしれません。

 

アーモンドアイは史上5頭目の牝馬三冠達成となるのでしょうか?
引き続き注目していきます。

 

まとめ

★血統的にはオークスは不向き。1600mベストの可能性あり。

★追い込み一辺倒の脚質では秋華賞を勝つのは極めて難しい。

★牝馬三冠達成確率は10%程度。かなり厳しいという見方。

 

スポンサードリンク