最高気温が35度を超えた日を

猛暑日という呼び方をしています。

では40度を超えた日の事は

どんな呼び名になるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

ついに最高気温40度時代へ!

 

いよいよ夏本番ですね。連日うんざりするほどの暑さが続いています。
テレビでは熱中症で体調を崩した人のニュースが伝えられています。

 

岐阜県多治見市などではついに最高気温が40℃を超えてしまいました。
地球温暖化の影響で今後は40度が当たり前になると言われています。

 

最高気温40度時代へ。
あまり嬉しくないですが、夏の暑さは変化を遂げようとしています。

 

ところで皆さんは夏日や真夏日といった言葉を聞いた事がありますか?
これらは気象庁が発表している最高気温に沿った呼び方になります。

 

主要なものを簡単にまとめてみます。

 

≪気温別の呼び方≫

夏日 :最高気温25℃以上

真夏日:最高気温30℃以上

猛暑日:最高気温35℃以上

(    ):最高気温40℃以上

熱帯夜:夜間の最低気温25℃以上

 

最近は猛暑日ばかりですが、少し前までは大変珍しいことでした。
最高気温35度を超えた日にはニュース速報が流れたぐらいです。

 

なお、この一覧表には最高気温40℃以上の呼び方が載っていません。
どんな呼び方になるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

気温40度の呼び方は?

 

最高気温40度以上の呼び方をインターネットで検索してみました。
すると色々な呼び名がでてきました。

 

酷暑日、灼熱日、超猛暑日、超真夏日、第2夏日、鬼暑日・・・。

 

この中に正解は、、、、、

 

残念ながらありません。

 

実は「まだ正式に決められていない」というのが実際のところです。
現在気象庁で検討中との事ですので、今後発表があるかもしれません。

 

猛暑日を超える言い方ならば、超猛暑日や灼熱日などよさそうです。
気象庁は決め方をアンケートにすると面白いかもしれませんね。

 

最後になりますが、気温が高い日の体調管理には十分お気を付け下さい。
なるべく外出は控えて、クーラーの効いた部屋で過ごしたいところです。

 

まとめ

★気象庁は気温別に呼び名を付けている。

★最高気温40度以上の呼び方はまだ決まっていない。

★熱中症には要注意。暑い時の外出はなるべく控えよう。

 

スポンサードリンク

 

【知っていると自慢できる天気豆知識】

ゲリラ豪雨は予想できる?知っておくとためになる原因と対策

天気のことわざクイズ。全問正解ならば気象予報士になれる?!