株式投資で最も重要なのが

株を買うタイミングです。

いつ買えば利益が出やすいのかを

記事にまとめてみました。

 

スポンサードリンク

株の買い時はいつ?

 

株で儲けるためには「安い時に買って高い時に売る」のがベストです。
言い換えれば売買タイミングが大きなポイントになる事になります。

 

しかし実際にやってみると売買タイミングは非常に難しいものです。
安い時を狙って暴落時に買うと、さらに下がるケースもよくあります。

 

かといって強い上昇トレンドの時に買うとそこがド天井だったり・・・。
株をやった事がある人ならば誰しも経験があるのではないでしょうか。

 

個人投資家の90%は負けていると言われているのが投資の世界です。
しかしやり方次第では10%の勝ち組に入ることは十分に可能です。

 

そう言い切れるのは私自身が9年連続で年間プラスを維持しており、
特にここ数年はすごくシンプルな方法で勝ち続けているからです。

 

メイン手法はシステムトレードですが、他のやり方にも挑戦しています。
その1つがスイングトレードで2週間~3か月の短期売買です。

 

スイングトレードでは移動平均線・RSIで売買判断をしていますが、
日経平均株価の値動きからもっとシンプルに勝ちやすい方法があります。

 

それが10月買いです。
詳しく解説していきます。

 

スポンサードリンク

 

10月に株を買えば大勝ちできるってホント?

 

「株は10月に買えば大勝ちできる」
そんな簡単にはいかないだろうと思いきや、実は結構当たっています。

 

10月4日が投資の日ですので、そこで株を買うと仮定します。
3月の終わりに売るとTOPIXベースではこのような成績になります。

 

【10月に買って3月に売った場合の騰落率】

2017年  4.1%

2016年 12.8%

2015年 ▲6.8%

2014年 20.3%

2013年  3.4%

2012年 40.7%

2011年 16.1%

2010年  5.7%

2009年 11.9%

2008年 ▲28.1%

 

過去10年の成績は8勝2敗です。
2008年の大きなマイナスはリーマンショックが影響しています。

 

それ以外の年は概ね堅調であり、10%以上プラスの年も6回あります。
以上の過去成績から買い時としてはかなり優位性が高いと言えます。

 

決して偶然ではない事を示すきちんとした裏付けもあります。
10月のハロウィン効果、11月の月末高、12月の掉尾の一振です。

 

これらは株価に対してポジティブに作用しやすく上昇要因となります。
3月末ではなく年末に売るという戦略でもパフォーマンスは良好です。

 

株の買い時に悩んでいる方は10月買いを検討して見るとよいでしょう。
少なくても適当な時期に買うよりは良い結果が得られると思います。

 

まとめ

★株の買い時、売り時は難しい。

★過去10年で10月に買ったときの勝率は80%。

★10%以上値上がりする事も多く大勝ちにも期待できる。

 

スポンサードリンク

 

【投資の気になる話題】

バリュー株投資は勝てる?銘柄の探し方はどうやればいいの?

ブロックチェーンの関連銘柄。最も上昇に期待できる本命株は?

ビッドコイン相場が暴落!200万円から100万円割れで半額以下に