2019年5月1日より、元号が「令和」になる事が発表されました。

平成の次の時代に込められた意味とはどのようなものなのでしょうか?

 

スポンサードリンク

新元号「令和」の意味とは?

 

2019年4月1日。午前11時30分過ぎに新元号が発表されました。
「令和」と書いて“れいわ”と読みます。平成の次は令和になります。

 

僕は記者会見を職場で見ていましたが、「和」は何となくわかりました。
ただ「令」の意味がよく分からず、「命令の令?」がまず浮かびました。

 

“うーん、これってどうなの??”

 

職場の同僚とそんな話をしていたら、安倍首相の会見が始まりました。
そこで令和に込められた意味をわかりやすく解説してくれました。

 

会見の内容をピックアップしてご紹介します。

 

re1 新元号「令和」の意味とは?気になる評価をアンケートから分析!

 

【安倍首相の会見内容

★「令和」の典拠は万葉集にある「時に初春の令月、気淑く風和ぐ。梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」にあります。

 

★「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」という意味が込められています。

 

★万葉集は1200年あまり前に編纂された日本最古の歌集です。皇族・貴族だけでなく、防人や農民まで幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、我が国の豊かの国民文化、長い伝統文化を象徴する国書です。

 

★悠久の歴史と香り高き文化、四季折々の美しい自然。こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいきます。

 

★厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、ひとりひとりの日本人が明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたいとの願いを込め決定しました。

 

★文化を育み、自然の美しさを愛でる平和な日々に心からの感謝の念を抱きながら、希望に満ち溢れた新しい時代を国民の皆様とともに開いていきます。

 

色々と批判も多い安倍総理ですが、すばらしい説明だったと思います。
私もこの説明で、「令和」の意味や込められた願いを理解しました。

 

また令和を漢語読みすると、和を命ずるという読み方になります。
日本には和をもって尊しとなすということわざがありますが、平和に込められた強い願いを感じさせる元号でもあります。

 

ここからは気になる国民の声をピックアップします。

 

スポンサードリンク

 

「令和」に対する国民の評価は?

 

新元号の「令和」どう思いますか?

 

0331 新元号「令和」の意味とは?気になる評価をアンケートから分析!

 

出典:YAHOO意識調査

 

【高評価の理由】

〇四君子の春に始まる梅花が、平成時代からつながって新鮮に生まれる感じが良い

〇すばらしい。特に万葉集から引用っていうのがセンスあって良い。

〇美しい響きで品格があり新しい時代に相応しい元号だと思います。

 

【低評価の理由】

●「令」の字が律令制をイメージさせるし高圧的な感じがダメ。

●引き締まるような響きでもあるが、暖かみがないなと思いました。

●キラキラネームっぽくて馴染みにくい

 

15万人のアンケートでは令和を好意的に評価している人が64%で、評価していない人27%を上回りました。

 

このあたりは個人差があって当然なのですが、注目したいのは僕と同じように最初は「えっ?」と思った人が多かったことです。

 

しかし新元号に込められた意味を知って、徐々に好きになったというパターンですね。言い方を変えれば、ギャップにやられたということになるでしょうか(^_^;)

 

まとめ

 

新元号「令和」に込められた意味は「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」というところにありました。

 

和をもって尊す。平和に込められた人々の強い願いを、次の世代にも受け継いでいくことは重要なのではないでしょうか。

 

賛否両論がありますが決まった以上は親しみを込めて、新しい天皇陛下とともに新元号の門出を祝いたいと思います。

 

スポンサードリンク