「次に産まれてくる子供は

男の子(女の子)がいい!」

そんな希望を叶えるための

産み分け方法をご紹介します。

 

スポンサードリンク

高まる産み分けニーズ

 

ryu5 254x300 産み分けで男の子、女の子を妊娠しよう。中国式カレンダーって何?

 

新しく生まれてくる命は男の子かな?それとも女の子かな?
妊娠がわかると、夫婦や家族の間で一度はする話ですよね。
その可能性は確率でいうと、当然のことですが50%になります。

 

我が家の例をあげてみます。
うちは1人目が男の子でした。
産み分けはしていません。

 

今2人目を考えているんですが、
次は女の子ができたらいいよねと、主人とよく話をしています。
男の子、女の子と両方育ててみたいという思いがあるからです。

 

私の周りにも、こんなことを言っているママ友達がいました。

 

「男の子ばかり産まれているので、次はどうしても女の子が欲しい!」
「主人が長男だから跡継ぎになる男の子が欲しい。姑の圧力がイヤだ」

 

各家庭には色々な事情があります。
生まれてくる子の性別に希望を持っている人は多いかもしれません。
そこで近年ニーズが急激に高まっているのが「産み分け」になります。

 

昔は、産まれてくるまで男女どちらか性別は分かりませんでした。
現在では医療も発達し、安定期に入る頃には超音波検査などで、
赤ちゃんが産まれる前に性別を知ることが可能になっています。

 

さらには、“産み分け指導”をしてくれる産婦人科まで出てきました。
しかし、保険適用外となり大変高額な費用がかかってしまいます。
また指導してもらった通りにしても成功率は7割程度だそうです。

 

成功率をさらに高めるために、海外に目を向けてみます。

 

アメリカとタイで行われている体外受精を利用した方法があります。
99%の高確率で産み分けができると口コミで話題になっています。
日本から渡航して産み分けをしてくる人もふえているそうです。

 

詳細はこちらからどうぞ

 

ただし費用は150万円~700万円くらいかかります。
産み分けはしたいけど、アメリカやタイに行くのはちょっとキツイ。
日本でできてもうちょっと安くできる方法はないの?

 

この疑問を解決しようというのが、今回の記事のテーマになります。
ここからは誰にでもできる二つの方法についてご紹介していきます。

 

その1  食事による産み分け方法

 

tabe1 産み分けで男の子、女の子を妊娠しよう。中国式カレンダーって何?

 

まずは食事による産み分け方法です。
女の子を授かりたいと願っている場合は男性がアルカリ性食品を食べ、
女性が酸性食品を食べると医学的に効果があることが判明しています。

 

男性が食べた方が望ましい食品としては、サラダ菜やピーマン、
じゃがいも、こんにゃく、きゅうり、ごぼう、なす、海藻、乳製品などです。
避けた方が良い食品は、肉や魚、トマト、かんきつ類などです。

 

一方で女性は肉・魚・卵を中心とした食生活を心がけ、トマトやリンゴ、
ホウレンソウ、ミカン、ブドウ、サツマイモなどを積極的に食べましょう。
基本的には男性が食べた方がよいものは、女性は控えた方がいいです。

 

このように、夫婦で食事内容がバラバラになってしまうのは大変です。
食事の準備が面倒になりますので、事前に1週間分の献立を考えるなどして、
計画的にやっていく必要があります。

 

そして、男性の方に特に多いのが仕事をしていて外食をする機会も多く、
接待などで飲むことがあれば、なかなか食事制限をすることが、
難しくなるということです。

 

過度な食事制限はかえってストレスになりますので、
付き合い方には工夫が必要です。

 

スポンサードリンク

 

その2  中国式産み分けカレンダー

 

中国式の産み分けカレンダーは、中国で13世紀頃に作成されました。
受胎月と受胎時の妊婦の数え年による男女の出生判断の表のことです。
それがこちらになります。

 

tabe2 産み分けで男の子、女の子を妊娠しよう。中国式カレンダーって何?

 

当時の出生記録の統計をもとに、作成されたものになります。
現代でも世界各国で産み分け的中確率は90%以上と言われています。

 

詳しい表の見方や、検証結果、実際に使った人の体験談などは、
こちらからご覧ください。

 

中国式産み分けカレンダーの実践者体験談へ

 

この中国式産み分けカレンダーは、現在では産み分け占いとして
世界中で利用されており、産み分けを希望する夫婦にはとても有名です。
実際に「よくあたる!」と口コミでも話題になっています。

 

私の友人もこの中国式カレンダーを使って、
希望していた男の子を妊娠することができました。
費用もかからないですし、実践しやすいのではないでしょうか?

 

おまけ 産み分けパワースポット

 

最後にもう一つ産み分けで有名なパワースポットをご紹介します。
熊本県阿蘇市にある 「乙姫子安河原観音」

tabe3 産み分けで男の子、女の子を妊娠しよう。中国式カレンダーって何?
希望の性別の願いを叶えてくれることで有名な神社です。
観音様の横たわる河原には赤い石と黒い石がたくさん転がっています。
赤い石を持ち帰ると女の子、黒い石を持ち帰ると男の子が授かるそうです。

 

まだ周りに行った人がいないので、ご利益があるのかどうかは、
正直よくわかりませんがネットでは話題になっている場所です。
興味がある方は調べてみて下さいね。

 

最後に1つだけお願いがあります。
産み分けしたけど、もし希望と違う性別の子の妊娠がわかった場合です。
それでも授かった大切な命の重みに変わりはありません。

 

「本当は男の子(女の子)が欲しかった」なんて親が言ってしまうと、
1番悲しがるのは、他でもなく生まれてきた子どもです。
どうかこの言葉だけは、自分の胸の中にしまっておいてくださいね。

 

主人が占い師という職業上、色々な方と接する機会がありますが、
相談者の中にこの言葉が深く傷になっていた人がいたそうです。
それはすごく悲しいですよね。

 

皆さんの産み分けライフが充実したものになることを祈ってます☆

 

まとめ

★産み分けのニーズは年々高まってきている。

★食事法や中国式産み分けカレンダーは気軽に挑戦できる。

★産み分けに失敗した場合でも、落ち込まない事。

 

スポンサードリンク