産み分け成功率90%と言われる

中国式産み分けカレンダー。

その効果は本当なのかどうか、

詳しく調査してみました。

 

スポンサードリンク

成功率90%の産み分け方法って?

 

以前に産み分けに関する色々な方法をまとめた記事を書きました。

 

その中で最も反響が大きかったのが中国式産み分けカレンダーでした。
費用がかからずに自宅で簡単に試せるという点に人気が集中。
しかも産み分け成功率は90%となれば気になって当然かもしれません。

 

ただ一つ気になることがあります。
それは産み分け成功率90%というのは、本当なのかという点です。
あくまでネットの情報ですからね。

 

実は私自身も二人目は女の子を希望していることもありまして、
この中国式産み分けカレンダーにはものすごく興味を持っています。
もし本当に効果があるのであれば、さっそく実践したいのです。

 

しかし、その前にまずは中国式産み分けカレンダーという物が、
どんな物であるのかを知っておく必要があります。
少し詳しくみていきましょう。

 

スポンサードリンク

 

中国式産み分けカレンダーって?

 

中国式産み分けカレンダーは、中国で13世紀頃に作成されました。
受胎月と受胎時の妊婦の数え年による男女の出生判断の表のことです。
実物の一例がこちらになります。

 

tabe2 中国式産み分けカレンダーの体験談。成功率90%ってホント?

 

【中国式産み分けカレンダー】

☆表の見方☆
縦軸が、子供を授かったときの女性の年齢。
横軸が、妊娠した月となります。

 

☆具体例☆
25歳で妊娠した女性の出産予定日が10月の場合。

子どもがお腹の中にいる期間は流産や早産を除き、一般的には”とつきとおか”と言われているので10ヶ月さかのぼると1月に妊娠したことになるわけです。
そこで“25歳”と”1月”が交わるところをみると性別がわかるというものです。ちなみにこの場合ですと「女の子」ということになります。

 

使い方はお分かり頂けましたか?
簡単な計算ですぐに結果がわかるので、使いやすいですよね。

 

当時の出生記録の統計を元に作成されたのがこのカレンダーです。
作成から800年近く経過した現在においても重宝されています。
代々受け継がれてきたんですね。

 

中国式産み分けカレンダーは「産み分け占い」とも言われています。
男の子か女の子か性別を当てるというのは確かに占いみたいですね。
世界中の国々で実践されているというのもすごいことだと思います。

 

私は友達からの口コミで、このカレンダーのことを初めて知りました。
あまりにもシンプルなので、本当に当たるのか正直言って疑問でした。
物は試しということで、うちの長男が生まれたときを辿ってみました。

 

すると結果は、、、
見事に「男の子」でした!

 

過去の統計ってすごいんですね。
ちなみに私の友人にも試してもらったら、友人もまた的中。
「すごい!当たってた!」と噂が噂を呼んで今も広がっています。

 

希望する赤ちゃんの性別とご自身の生理周期から逆算をする。
たったこれだけで産み分けが簡単にできるというわけです。
しかし、的中率についてはもう少しデータの数が欲しいところ。

 

そこで私の夫の占い師ネットワークを使って体験談を募集しました。
そして12人の中国式産み分けカレンダー実践者から回答を得ました。

 

引き続き2ページ目では、
その12人の体験談について
ご紹介していきます。

 

⇒2ページ目に進む

 

ページ 1 

 

スポンサードリンク